Blog

まるブログ – 日々の屋久島について綴ります。

屋久島一湊タンク下にクジラが!!!

屋久島の海の中は今、春らしい景色でいっぱいです。
うららかな陽光が差し込む午後の水中に、きらきらと輝く銀色の魚群。
ウミガメのエサとなるアオサやミルは海底からにょきにょきと繁茂中。

そんな中、産卵真っ只中のクマノミ夫婦と遭遇!
あ~、今年も恋の季節が始まったのですねぇ♪

ひとつぶ、ひとつぶ産みだされてゆく小さな赤い卵を見守りつつエキジット口へ向かうと。。。

クジラが!!!

横たわっておりました。

一瞬、目の前の現実が受け入れられず、頭の中を整理するので一杯一杯に。

細かい傷だらけの身体。
一体何があったのでしょうか?

口の中にはブラシ状のヒゲがびっしりと。
そっと手を触れると、とても柔らかな獣毛で。
これでプランクトンを濾し取りご飯を食べていたのだなぁと。
体長は3mほど。
身体はまだ肉がしっかりとしていて。
地球上のどのあたりを回遊していたのでしょう。
黒潮に乗り、北上する旅の途中だったのでしょうか。
彼の人生に想いを馳せつつ、心の中で合掌。。。
ゲストさんとその場を後にしました。

私のダイビング人生の中で生まれて初めて出会ったクジラでした。
まさか、タンク下の、しかもエントリー口で。。。
海の中は一期一会。
本当に解らないものですね。

■水中のコンディション
・2018/4/10
・ポイント:一湊タンク下
・海水温23度
・透明度18m
・潮汐:長潮
・干潮09:49/満潮14:43
・EN15:00/EX15:45

0 Read More

2018口永良部島遠征ダイビングツアー募集!

【口永良部島遠征ファンダイビングツアー募集のお知らせ】

今年度2018年は7月16(月)or17日(火)に口永良部島遠征ファンダイビングツアー(日帰り・3ボート)を開催します!
※日程はより多くの方が参加できる日に決定します。

船をチャーターせねばならぬ為、滅多に行くことが叶わない、世界遺産屋久島のさらなる秘境・口永良部島!
魚群とサンゴの竜宮城でぜひ一緒に泳ぎませんか?
潜った後は真っ白な湯の花が舞う「湯向温泉」に浸かってから屋久島へ帰島します♪

屋久島&口永良部島でファンダイビング!

尚、ガイド料金などの詳細は下記の通りです。

【ガイド料】
口永良部島ファンダイビング3ボート:3ダイブガイド料17.000円+船代(ボートチャーター料)

※料金に含まれるもの:ガイド料、保険料、ソフトドリンク代、船代(預かり金)
※料金に含まれないもの:昼食代(お弁当は当店にて手配いたします。お一人様650円)、器材レンタル料

【船代(ボートチャーター料)】
※口永良部島へは船をチャーターする為、船代60.000円をゲスト人数割りとなります。

【備考】
※口永良部島でのファンダイビングご希望の場合、前日に屋久島でのチェックダイブが必要です。
※海況により口永良部島でのダイビングを中止する場合がございます。

ご希望の日程は大変混み合っております。
また、船の定員上、口永良部島ツアーは先着順となりますので、なるべくお早目にご予約頂ければ幸いです。

尚、ご予約を伺える際には直接お電話を頂くか、
弊社HP内にございますご予約フォームに必要事項をご記入の上ご返信下さい。

Booking

その他ご不明な点がございましたらお気軽にお問合せ下さいませ。
それではご検討の程どうぞよろしくお願い致します!

0 Read More

屋久島から、明けましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。
昨年も皆様と素晴らしい1年を過ごさせて頂きありがとうございました。

今年は屋久島でガイドとして20年、独立し「まる」として10年の節目を迎える事が出来ました。
これもひとえに「まる」を支えて下さった皆様のお蔭です。
これからも初心を忘れることなく、自然との繋がりを意識したひろみ流ガイドに磨きをかけ、
魅力溢れるツアーを多くの方々に感じて頂ければと考えています。

また、10周年を迎えるにあたり様々な企画も予定しております!
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

0 Read More

8/17口永良部島ダイビング&シュノーケリング・スキンダイビングガイドツアー開催!

【急募・告知】
来月、8月17日に「口永良部島日帰りボートダイビング&シュノーケリング・スキンダイビングツアー」を開催します!

船をチャーターせねばならぬ為、滅多に行くことが叶わない、世界遺産屋久島のさらなる秘境・口永良部島!
魚群とサンゴの竜宮城でぜひ一緒に泳ぎませんか?
潜った後は真っ白な湯の花が舞う「湯向温泉」に浸かってから、屋久島へ帰島します☆

船の定員上、口永良部島ツアーは先着順となりますので、なるべくお早目にご予約頂ければ幸いです。
尚、行程やガイド料金などの詳細は下記の通りです。

【参加条件】
口永良部島ツアーにご参加される方は8/14~16のいずれかの日程で
スキルチェックを兼ねた「チェックダイブ」を最低1~2本は必ずご参加下さい。
尚、現在のご予約空き状況は下記の通りです。

・8/14 午前・午後ともに空きあり
・8/15 午前・午後ともに空きあり
・8/16 午前空きあり・
    午後ファンダイビング2ボートのみ空きあり

【ガイドツアー行程】
・8/17 口永良部島にて終日ファンorスキンダイビング
※屋久島を朝8時頃に出港~午前1本~ランチ~午後1本(時間が許せばさらに1本)~温泉~屋久島へ帰島

※当日はファンダイビングとスキンダイビング、それぞれをご予約されているゲストさんがいらっしゃいます。
その為、双方のガイドを同じポイントで一緒に行う予定ですのでご了承下さい。

【ガイド料】につきましては下記の通りです。

◆ファンダイビングガイド料

※屋久島でのファンダイビングお一人様:
・1本:8.000円
・2本:(15.000円-9周年キャンペーン特割)=13.000円
・3本:(21.000円-9周年キャンペーン特割)=19.000円

※口永良部島でのファンダイビングお一人様:
・2本:13.000円
・3本:21.000円

※料金に含まれるもの:ガイド料、保険料、ソフトドリンク代、船代(預かり金)
※料金に含まれないもの:器材レンタル料、昼食代(お弁当は当店にて手配いたします。お一人様650円)

◆シュノーケリング・スキンダイビングガイド料

※屋久島でのスキンダイビングお一人様:
・1本:(7.000円-9周年キャンペーン特割)=5.000円
・2本:(11.000円-9周年キャンペーン特割)=9.000円

※口永良部島でのスキンダイビングお一人様:
・2本:11.000円
・3本:17.000円

※料金に含まれるもの:ガイド料、保険料、器材レンタル料、ソフトドリンク代、船代(預かり金)
※料金に含まれないもの:昼食代(お弁当は当店にて手配いたします。お一人様650円)

【ボートチャーター料】
※口永良部島ツアーは上記ガイド料にプラスボートチャーター料金(1日70.000円を人数割)がかかります。
※船は一湊より出港します。

ご希望の日程は大変混み合っております。
ご予約は先着順に埋まっていきますので、なるべくお早めにご連絡頂ければ幸いです。

尚、ご予約を伺える際には恐れ入りますが
弊社HP内にございますご予約フォームに必要事項をご記入の上ご返信下さい。

Booking

その他ご不明な点がございましたらお気軽にお問合せ下さいませ。
それではご検討の程どうぞよろしくお願い致します。

0 Read More

魚群を独り占め♪

週間天気予報にて週末寒波襲来と聞いて。
海が時化る前に潜って参りましたよー!

志戸子ガジュマル園の目の前の海。
自宅より徒歩5分。
ダイバーが少ない今時期だからこその魚影。

写真を撮ろうとその場に留まれば、次々と色んな魚たちが集まってきます。
「モビング」という行動です。
誰か知らない奴が来たぞ!皆で追っぱらおう!…という感じでしょうか?
けれどもダイバーとしては魚群に囲まれると否応なしに心が躍ります。
さながら水族館♪
しかし「見られている」のは私の方なんですよね(笑)

魚群の奥に坐する巨大ハマサンゴ。
千と千尋に出てくる「おくされさま」みたいだなぁ…なんて。

ハナヤサイサンゴが多い志戸子のダイビングポイント。
そっと枝の奥を覗けば目が合う「カスリフサカサゴ」たち。
美しい紅色のボディとキラキラ輝く大きな瞳に吸い込まれてしまいそう♪
よーく見ると、左奥にステディの眼が見えますネ♡

彼等のご自宅。その外観はこんな感じ。
カラフルなエビやカニなども同居しておりますよ。

座布団サイズのサザナミヤッコが私の目の前でクルクルと回り泳ぎ、メンチを切ってきました。
その背後を体長5cm程の白くてムチムチしたボディが愛らしいイロブダイ幼魚が泳ぎ去ってゆきました。
冬場の水温を乗り切り、無事成長できるよう祈りつつ、その姿を見送りました。

☆撮影日2017/2/8
☆海況;海水温20度、透明度13m~
☆使用カメラOLYMPUS TG-3

0 Read More

GW屋久島旅行にも!「JAC屋久島便のウルトラ先割」

GWに屋久島旅行をご検討中の方へ朗報です!

JAC屋久島便のウルトラ先割

屋久島発着の鹿児島・福岡・伊丹便に、ついに適用されたJAC屋久島便のウルトラ先割!
5月1日以降の旅行より使えます。
これは今までの価格に比べ、相当お安くなっています。
まだ残席があるようですので、ぜひチェックしてみて下さいね。

当店のGW期間中のご予約も徐々に埋まってきております。
ご予約はお早目が吉ですよー!

0 Read More

小春日和!堪らず海へ飛び込んで…。

窓を開けたら外は春でした。
気温20度越え。
小春日和。
居てもたっても居られず、ダイビングの準備をして一湊へ。
「うりゃ~!」
嬉々として一声上げれば、誰もいない海へ、ジャボーン!と飛び込む。
「ぬ、ぬるい………」
ダイコンを見ると海水温は22度!
春濁りを彷彿とさせるミルキィな世界には小さなプランクトンたちがふわふわと漂って。


ナガレハナサンゴの上にニセアカホシカクレエビ☆

潜る前より遠出をする。と決めていたので、
水面直下を沖へ。
目的地に辿りつくと、ムレハタタテダイの群れがお出迎えしてくれて。
ふと、何か大きな気配を感じ振り向けば、1mオーバーの回遊魚・ヒレナガカンパチと目が合う。
彼は時折ムレハタにクリーニングされながら、私の周りをぐるぐる周回。
彼の背中を追うように、私もその場でぐるぐるぐる~

少々深い海の底で一人。
馴染みの顏ぶれを順々に訪ね、そろそろ帰ろうかと踵を返せば、
水面直下よりツバメウオの大群が舞い降りてきて!
慌てて後を追おうとすると、あっという間に水面へ泳ぎ去ってしまい。
嬉しいサプライズににんまりしながら、帰途へつきました。


サンゴの窪みで眠るウミガメ。いつもの光景。

☆2017/1/29屋久島一湊タンク下(下りまっとき)
☆海水温22-23度、透明度12m

0 Read More