口の中で卵を育てる魚たち

 In 海の生きものの話とか。

口の中で卵を育てる魚たちアオスジテンジクダイ口内保育中です。
メスが卵を産んだ直後、待ち構えていたオスが口の中へ咥えます。
オスは卵が孵化するまで絶食。
卵の色は成長するにつれ、ピンク色から銀色へと変化します。
写真はピンク色。
ということは咥えてまだ間もないということでしょう。
屋久島ダイビングトレッキング女性ガイドエコツアー少人数制水中写真アオスジテンジクダイ口内保育生態屋久島一湊タンク下067b140526_edited-2.jpg
水深5m付近に30匹ほどの群れがおり、
よく見ると皆さんペアになっていて。
メスはオスに全てを任せている訳なので、ペア解散しても良い気がしますが。
卵を守るオスを外敵から守っているのでしょうか?
それともオスがしっかり卵を保育しているか監視しているのでしょうか?
屋久島ダイビングトレッキング女性ガイドエコツアー少人数制水中写真アオスジテンジクダイ口内保育生態屋久島一湊タンク下065b140526_edited-2.jpg
口内保育中のオスは「猪木」のごとく顎が出ています。
口は閉じているのですが、時々パクパクと開き、
たまに卵をオエ~っと吐き出してはまた瞬時に咥え直し。
呼吸している卵たちが酸欠にならない様にしているのですね。
そんな様を動画でも撮影してみましたよ☆
☆2014/5/26屋久島一湊タンク下、水深5m
☆FUJI FinePix F30、SONY DSC-TX5

★written by
屋久島ダイビングトレッキング女性ガイド少人数制ツアー写真
★当店のツイッターページは下のイラストをクリックして下さいネ★
Twitterボタン

★当店のfacebookページはこちら★
まるページへの「いいね!」をお願い致します(*^▽^*)

当店オーナーのfacebookページはこちら★
Hiromi Takahashi | 

Recent Posts