ナガブダイのペア産卵を目撃!!!

 In 海の生きものの話とか。

ナガブダイのペア産卵を目撃!!!ナガブダイのペア産卵を目撃してしまった~っ!!!!!」
2013/8/5 屋久島永田オツセ、水深5mにて、
ナガブダイのオス(青)とメス(茶)が、
私たちの目の前で、
突然、水面めがけて急上昇!!!!
まさか!?と思った次の瞬間、
2匹が体を合わせ、ブワ!!!と白い煙が!!!!
うぉ~!!!!!!!
放精放卵じゃ~!!!!!!!!!!!
ナガブダイのオス
体長50cmほど。
大型で美しく、水中では一際、目立つ存在です。
屋久島ダイビングトレッキング女性ガイドエコツアー少人数制水中写真ナガブダイ雌雄ペア放精放卵s020b130805.jpg
ナガブダイのメス。体長50cmほど。
写真は産卵直後の個体。
事を成した後、オスとは即お別れ。。。
1~2分後には岩をガリガリ、お食事を始めました。。。
屋久島ダイビングトレッキング女性ガイドエコツアー少人数制水中写真ナガブダイ雌雄ペア放精放卵s047b130805.jpg
去年の5月中頃に、屋久島南西部の栗生を潜った際、
エントリー口の水深3m付近で、
ナガブダイのメスが50匹位群れており、
それを追おうように1匹の青いオスが勢い良く泳ぎまわっていたのを目撃。
後から、どう考えても群れ産卵だったのではないか!?と、
なぜあの時、ゲストと追跡しなかったのか、
ず~~~っと悔やんでいたのでした。
それが、今日、まさかのペア産卵!
群れ産卵とペア産卵、環境や条件により、どっちでもOKなのかしら???
一瞬の出来事で写真はダメダメ。。。(T△T)
しかし、真昼間の、こんな浅場で、こんな素晴らしい現場に立ち会えるとは!
思い出すとまた興奮しちゃうなぁ~♪
★追記
「ナガブダイの巨大ハーレム!?2012/5/21」
href=”https://maru-yakushima.net/maru-log/2012/06/527.html
このブログを書いてて、
以前(去年の5月)「自身が目撃した巨大ハーレム」の記事を見返していたら、
メスの数がスゴイ!!!!
写真に写っているメスだけで30匹以上。。。
実際にはもっといたハズなので、
メスの総数は50匹以上は確実にいた模様。
そんなレディの大群に対して、オスはたったの1匹!!!
本当になんでこの時、ラストまで追跡しなかったんだろうと
再び悔やまれる気持ちが再熱中。。。
あれから1年。。。
あんな巨大ハーレムを目撃したのはあの時だけ。。。
★8月5日、追記ログ。永田オツセ×2ダイブ。
ナポレオン!
久々に御会いしました。
しかも、マクロ目になっていた私のフィンをゲストがひっぱって、
その存在を教えてくれたのでした。
Kさん、ありがとうございます!(≧∇≦)
ピグミーシーホース
今日もご自宅のポリプは満開でした。
クダゴンベ新ペア
まだ体長5cmほどの若い夫婦でした。
アケボノハゼ
水深30mほど。
オツセで一番浅い場所へ自宅を構えておられます。
この水深はハタタテハゼとアケボノハゼの境界線。
これより上にはハタタテハゼ群が、
これより下にはアケボノハゼたちが、
というようにハッキリ棲み分けておられます。
ハタタテハゼ成魚群&幼魚群
ハナヒゲウツボ成魚
ネッタイミノカサゴ成魚&若魚
ミヤケテグリ4匹(同所に4匹)
1匹だけやけに大きな個体がいて、
小さな(おそらく)メスに背ビレ全開で求愛してましたヨ~
ハダカハオコゼ(白)
ミヤケテグリのすぐ隣、
赤茶の壁に「えいっ!」と踏ん張ってくっついておられましたw
ものすごく目立ってました。。。
バラフエダイ4匹
ホンソメ君のクリーニングを代わる代わる受けておられました。
ホホスジタルミ幼魚(体長1cm)
小さい!萌え~!!!(* ̄∇ ̄*)❤
★本日の回遊魚リスト
ツムブリ大群&カスミアジ大群の混合群どば~!!!!
クマザサハナムロ群
ニザダイ大群
キビナゴ大群
ニジョウサバ群
群れ
アマミスズメダイ大群
キホシスズメ大群
キンギョハナダイ大群(成魚&幼魚)
ミヤコテングハギ
ナミダクロハギ
ニジハギ群
ギンユゴイ大群(水面直下)
そして減圧中にはなんと
ツキチョウ!×1匹
チョウチョウウオたちの中に混じっておられましたw
パッと見、同じ黄色だけど、よく見ると、君、違うからね~www
う~ん、
見返してみると、何とも盛りだくさんな2ダイブだったなぁ~!
あ~!幸せ❤
屋久島ダイビングトレッキング女性ガイド少人数制ツアー写真
★当店のfacebookページはこちら★
http://www.facebook.com/maruyakushima
上記ページへの「いいね!」をお願い致します(*^▽^*)
★当店のツイッターページは下のイラストをクリックして下さいネ★
Twitterボタン

Recent Posts