オランウータンクラブとニセアカホシカクレエビ

 In 海の生きものの話とか。

オランウータンクラブとニセアカホシカクレエビまるでオランウータンそっくり!な、オランウーターンクラブ
もじゃ君はカニです(*´▽`*)
自毛じゃないらしいけど、ホント?
ツルツルぼでぃに海藻などを自分のハサミでちぎってくっつけてく。。。
って、ホント???
どの地域の子も大概この毛色なんですよねぇ。。。
俺たちの衣装はコレ!っていう種間共通DNAがあるのかな~?(笑)
オランウーターンクラブ屋久島ダイビングトレッキング女性ガイドツアー少人数制水中写真096b130108.jpg
すけるとんなエビちゃんこと、ニセアカホシカクレエビ
ボディがスケスケなので、内蔵が丸見え!ლ(ʘ▽ʘ)ლ
産卵時のメスは、お腹の中の卵も丸見え!ლ(ʘ▽ʘ)ლ
彼らの職業はお掃除屋さん。
しかもこの写真の子のお店は超人気店で、真冬の今もお客様が絶えません。
お店の前でデバガメしていると、
次々と色んな種類の魚がやって来るので楽しい~♪
ニセアカホシカクレエビ屋久島ダイビングトレッキング女性ガイドツアー少人数制水中写真060b130108.jpg
双方、うねうねサンゴ(ナガレハナサンゴ)の上で同居しており、
通年観察することができます( ̄+ー ̄)キラーン
写真撮る時など、サンゴの触手の間に潜り込んでいる個体を、
支持棒などでほじくり出すとかは最低です!
サンゴもカニも負傷させちゃうかもですよ~
自分さえ良ければいいなんて傲慢なダイバーにくれぐれも成らぬ様。
モソモソ動きつつ、相手が出てきてくれるのを、
ただひたすらじっと待つべし!
これ、フィッシュウォッチングの基本中の基本ですから~
素敵な水中写真を撮るにはまず相手をじっくり観察すべし!
これ、水中写真撮影の基本なのですが、できていないダイバーが多いんですよね。
きっと初心者の時、教わらないからなんだろうなぁ~
海の中で暮らしている生きものたちに敬意を持って接することができるダイバーが
どんどん増えることを切に願います。
★2013/1/8屋久島一湊タンク下、水深18m付近にて。
★FUJI FinePix F30
屋久島ダイビングトレッキング女性ガイド少人数制ツアー写真
まるのfacebookページ日々更新しておりマス!
ぜひ「いいね!」をクリックして下さいネ(≧▽≦)
http://www.facebook.com/maruyakushima

Recent Posts