夫婦で調査ナイトダイビング★

 In 海の生きものの話とか。

夫婦で調査ナイトダイビング★7/8は夫婦でタンク下へ調査ナイトダイビングへ行きました。
ナイトはガイドでは潜らないのですが、
この日はオオハナガタサンゴ群落の産卵が近いのでは。。。
という期待を込めての久しぶりの夜潜りでした。
k016b120708b.jpg
日の入り前の19時頃エントリー。
チョウチョウウオは20匹ほどがハナガタサンゴ群落周辺を往来。
時々彼らがサンゴをつつき、産卵チェック。
でも大産卵時にはチョウチョウウオ100匹!という景色になるので、
その瞬間はまだもう少し先のようでした。
k014b120708.jpg
ハナガタサンゴたちの産卵はいわゆるミドリイシたちの産卵と違い、
その様はまるで火山の噴火!!!
★過去まるログ参照
https://maru-yakushima.net/maru-log/2009/06/post_249.html
https://maru-yakushima.net/maru-log/2009/06/but.html
今年はコンデジの動画でパパラッチしようと決めていたのですが、残念!
※同業者I君によると、7/10・11と産卵を確認したそうです。
10日が大産卵だった様子。今年は満月から9日目かぁ!う~!悔しいぜぃ(涙)
海況メモ;
7/4 大潮・満月
7/7 中潮①
7/8 【 水温 】27℃【 潮 】中潮②→産卵無し
7/9 【 水温 】26℃【 潮 】中潮③→小産卵
7/10 【 水温 】25℃【 潮 】中潮④→大産卵★大潮最終日から4日後
7/11 【 水温 】26℃【 潮 】小潮①→中産卵
動画★チョウチョウウオ
この日はチョウチョウウオは20匹ほどがハナガタサンゴ群落周辺を往来。
時々彼らはサンゴをつつき、産卵チェックする様子。
サンゴが産卵した際には一心不乱に卵を食べまくります。

動画★クマノミ
イソギンチャクのベットで眠るクマノミの子どもたち。
でもよく観ると、一番安全な場所(真ん中)は体の大きな子が陣取って、
まだ赤ちゃんなちびっこらははじかれちゃってマス(^_^;) 
みんなで仲良く!なんて、通用しない厳しい世界ですね。
DSC04095b120708.jpg

動画★ゼブラウツボ
夜の海を泳ぎ回るゼブラウツボ★
屋久島では個体数は少なく、めったに御会いすることがない方であります。
泳ぎ回る=エサを探し回る。。。デス。
でも、私たちに驚いて、すぐ穴の中に逃げ込んでしまいました。
k031b120708b.jpg

動画★ウミケムシ
夜の海底を歩くウミケムシ★
日中は御会いすることはまずない方であります。
ボディのトゲはガラスファイバーのように固く、かつ強力な毒があります。
DSC04176b120708.jpg

おまけ動画★超長いゴカイの仲間。
ウミケムシを撮影中、突然、フレームイン!してきたゴカイの仲間。
あまりの長さと、その泳ぎっぷりに悲鳴をあげる私の声が面白いですね(笑)

日中は絶対に御会いできない生きものたち。
昼間とは別世界なナイトダイビングはやっぱり刺激的デス!
あっ、でもまるはナイトのガイドはやっておりませんのでごめんなさい(^_^;)
屋久島ダイビングトレッキング女性ガイド少人数制ツアー写真
まるのfacebookページできました。ぜひ「いいね!」をクリックして下さいネ(≧▽≦)
http://www.facebook.com/maruyakushima

Recent Posts