ハナゴンベ幼魚★ヒメニラミベニハゼ★シボリキンチャクフグなどなど

 In 海の生きものの話とか。

ハナゴンベ幼魚★ヒメニラミベニハゼ★シボリキンチャクフグなどなど今日も調査ダイブでパパラッチした生きものたちをご紹介します(^o^)/
ハナゴンベ幼魚。体長2cmほど。
ようやく(他に目移りするのを我慢し)何とか撮らせて頂きました(^_^;)
現在のお住まいは穴の中の天井付近。
いざという時は天井にあいた小さな穴の中へお隠れになります。
その穴の中には別の住人(別種)がいるのですが、またそれは次回。
で、その日常は常に天と地が逆のサカサマ・ライフ!
なので写真のベイベーはお腹が上。背中が下デス。
撮影は穴の中に私の頭を突っ込み、天井に頭を固定w
で、自分の吐いた泡で天井からボロボロ色々落ちてこないように
細く長い呼吸をしながら、右手にコンデジ、左手でライティングしつつ、
30分ぐらいストーキング。身動きできない状態で頭も腕もしびれましたw 
いや~、でもまだ納得できないから、コレ、一応、第一ラウンドの写真にしますww 
★屋久島一湊タンク下、水深15m付近にて。海水温23度。2012年6月28日撮影。
049b120628b.jpg
シャープアイピグミーゴビーヒメニラミベニハゼ)。体長2cmほど。
オレンジのボディに目の上の青いアイシャドーがセクスィ~です(*´▽`*)
屋久島では例年6月頃より出現。初夏から秋頃までの普通種。
水温の下がる冬場にはいなくなっちゃいます。
暖かい海で暮すハゼなんですね(*´▽`*)
写真のように、ちょこんと張り付いたり、フワフワ浮かんでいたり。
あまり動かないので撮りやすいデス。
でも本気出すと超素早い動きっぷりですがw 
★屋久島一湊タンク下、水深18m付近にて。海水温23度。2012年6月28日撮影。
013b120628b.jpg
シボリキンチャクフグ。体長4cmほど。
薄暗い場所を覗き込むとたまに目が合います(*^。^*)
この個体はハナゴンベ幼魚の隣にいらしたのデス。
いやはや、この日も目移りしまくりでした(笑)
★屋久島一湊タンク下にて、2012年6月27日撮影。
066b120627b.jpg
フサカサゴ科のなかま。一枚だけ撮らせて頂きました。
だって、だって、ハナゴンベ幼魚が気になっちゃって~(笑) 
PCで見るとイイ顔してんな~と。もっと色んなアングルから撮れば良かった(涙)
★屋久島一湊タンク下にて撮影、2012年6月27日撮影。
059b120627b.jpg
ようやくあなたのことがわかったわ。
ユカタハタの幼魚だったのね❤
成魚は赤いボディに青の水玉が美しいんだけど、
幼魚はまだその斑点が出ておらず、
かつ色もオレンジというか水中ではぴんくっぽく見えました。
萌え~(≧▽≦) 
★屋久島一湊タンク下の小パッチにて。2012年6月11日撮影。
079b120611bb.jpg
屋久島ダイビングトレッキング女性ガイド少人数制ツアー写真
まるのfacebookページできました。ぜひ「いいね!」をクリックして下さいネ(≧▽≦)
http://www.facebook.com/maruyakushima

Recent Posts