回遊魚満載!ピカチュウウミウシも。。。

 In 海の生きものの話とか。

回遊魚満載!ピカチュウウミウシも。。。【ポイント名】永田観音/永田灯台(オツセ)
【海況】海水温20-22℃、透明度20m、凪/風波、大潮
曇り。
気温は昨日より上がり、最高気温18℃。
風も北西から北東に変わり、
またダイビング中は雨も降らず、
寒すぎず、暑すぎず、過ごしやすかったです。(*^。^*)
今日の永田の海水温は
昨日の19-20℃(一湊)から一気に2℃上昇し、22℃(観音)!
浮遊物は多いけれど、水温が2℃も上がると本当に暖かい~(≧▽≦)
しかし!2ダイブ目のオツセでは20℃。。。(@_@;)
船から飛び込んだ瞬間、「つ、冷たい。。。(涙)」
今年はホントに中々水温が上がりませんねぇ~
ピカチュウウミウシ!体長2cm位。水深27m。オツセにて。
グミっぽいです。。。(笑)
教えてくれてありがとう、N君。
屋久島ダイビングトレッキング女性ガイドツアーピカチュウウミウシウデフリツノザヤウミウシ写真
【観音】
潮は下げ。
少々流れている潮流は南から北へ。
こうなると魚たちのテンションも上がり、
エントリー直後から青いラインが光るクマザサハナムロ大群に遭遇!
その群れの跡をゆっくりと潮に乗って追いました。
離れ根に辿り着くと、今度はニザダイの大群!!
根の周りをグルグル回るニザダイたち。。。
そのど迫力な魚群に長い間巻かれていました。
すると今度はそこへウメイロモドキ群
ムレハタタテダイ群が加わり、何とも賑やか~(*^。^*)
回遊魚に巻かれるのは無条件に気持ち良いですなぁ~♪♪
観音で見かける熱帯種のナンヨウハギ3-4匹は
この冷たい水温にも負けず元気いっぱいでした。
ニモに出てくる忘れん坊のドリーですヨ(^^)
今、水底のあちらこちらにいらっしゃる
ハナキンチャクフグの赤ちゃんたち。体長1cm位。
屋久島ダイビングトレッキング女性ガイドツアーハナキンチャクフグ幼魚写真
正面顔は。。。
屋久島ダイビングトレッキング女性ガイドツアーハナキンチャクフグ幼魚写真
【オツセ】
飛び込んだ瞬間の水の冷たさよ。。。(涙)
観音とオツセは大して距離が離れていないのに
こんなにも水温が違うなんて!
さらに水面直下には昨日、タンク下で観たクラゲたちがウヨウヨ。。。
きっと同じような潮なのでしょうね。
浮遊生活者(プランクトン)、サルパの仲間。。。
触ると結構固いんです(^^)
屋久島ダイビングトレッキング女性ガイドツアーサルパの仲間写真
水底には霧が立ち込めたようにアミがいっぱい。
ハタタテハゼ★ロードではアミが邪魔で彼らがよく見えない~っ(苦笑)
真っ青なボディが美しいハナヒゲウツボは元気一杯。
近づいても全然引っ込む気配なし。
みんなでバッチリ写真が撮れました(≧▽≦)
屋久島ダイビングトレッキング女性ガイドツアーハナヒゲウツボ写真
ハナヒゲウツボのくねくねダンスを動画でどうぞ~(^_-)-☆


本日ひろみガイドのファンダイビング2ボートにご参加は
昨日に引き続きSさん&Nさんの女子お二人★
それぞれ宿が違う彼女たちですが、
昨晩は一緒にご飯に行ったそうで、すっかり意気投合したご様子。
昨日にもまして仲良しさんになっていらっしゃいました(*^。^*)
旅での出会いって素敵ですよねぇ。
体長60cm位のメスと体長15cm位のちびオスという
体格差をものともしないコブシメ★ペアの交接(交尾のようなもの)を
その衝撃的瞬間を目撃したSさん。
ハナヒゲウツボを紹介した瞬間、
グイグイ迫り、その美しい容姿をカメラにおさめていたOさん。
食いつきっぷりが今回一番強かったので、
この子らが好きなんだなぁって、凄く伝わりました(^^)
そして、陸上では島ならではの海の幸、山の幸、
今時期限定の島のお茶菓子などなど、
た~っぷり堪能されて大満足なご様子でした。
だって、ログには魚の名前より先に
今日は何を食べたか?を書いていらっしゃいましたから(笑)
屋久島の自然も、そこで生きる土地の人間の文化も
たくさん感じられた2日間となったのではないでしょうか?
ゆるゆるとした島時間の中で
たまにはスイッチをオフして息抜きを。。。って大事ですよねぇ(^▽^)V
「なんだか女子会みたいで楽しかった~!」と語るお二人。
私もとっても楽しかったデ~ス(^◇^)
またぜひ屋久島へ上陸される際には一緒に潜りましょう!
多彩な屋久島の魅力を何度でも味わいにいらして下さいネ(^_-)-☆
屋久島ダイビングトレッキング女性ガイドツアー

Recent Posts