幼魚ならば今が旬!8/26永田ファンダイビング2ボート

 In 海の生きものの話とか。

幼魚ならば今が旬!8/26永田ファンダイビング2ボート【ポイント名】①②永田オツセ
【水中のコンディション】海水温27-28度、透明度~30m、凪、潮流無し
【潮汐】大潮
気温28.5度、晴れ+曇り。
今日も暑い。
でも陽が陰ると快適。
海中は水面直下にツノクラゲなどがフワフワしていましたが、
全体的には屋久島ブルー♪な、青くクリアな海でした。
潮はピタリと止まり、水中はなんだかのんびりした雰囲気(笑)。
魚たちはまとまりがなく、気の向くまま?フラフラしてました。
-23mの水路にはハタタテハゼ幼魚群(体長2.5cm位の子が4-5匹)。
「ハタ」は有れど、その体色はまだ半透明さが残り、ウブな感じが萌えww
ハタタテハゼ幼魚は近づいても、穴の中に潜らない。
もしかして、まだ巣穴がないのかな??
っていうか、巣穴が作れてない?
そもそもどうやって巣穴を作るの?
やっぱり、大工(エビ)を雇うのかな?(笑)
でも、共生ハゼとは違うもんねぇ??
-33.2m。
ヒレナガヤッコ幼魚シテンヤッコ幼魚が一匹づつ。
-25m付近には深場のヤッコ成魚たち…
ヒレナガヤッコ♂♀、ヤイトヤッコ♂♀、タテジマヤッコ♂♀が
それぞれ小さなハーレムを構えている。
求愛は見られず、各々お食事に夢中でした。
-30m。
ヤセアマダイ成魚が1匹。
全然寄れず、写真はボケボケ・・・(涙)。
-26mのクダゴンベ夫婦が暮らす大きなウミカラマツに、
ノコギリハギ極小幼魚が3匹入居中です♪
ソラマメの半分くらいなサイズ。
-25mに全身黄色のカワハギ発見。
体長5cm位。もしやフチドリカワハギ??
-15m。花崗岩の巨岩がゴロゴロしている棚上にて、マダラタルミ若魚×1匹。
体長25cm位。
警戒心が強く、半径3m以内に進入すると、ダッシュで逃げてゆくのであった・・・
-25m。ハマサンゴ付近。
ヨコシマクロダイ成魚&ツチホゼリ成魚がぼ~っと浮かんでました。
この付近でナポレオン成魚♂が出たらしい。
うちの健二とゲストはバッチリ目撃。
私は完全マクロ目で写真撮りまくりだった為、全く気づかず(苦笑)。
というか一人遊牧中?ま私はそもそもその現場にはいなかったのヨ~
-8m付近。
スダレチョウチョウウオ夫婦
体長13cm位。
-3m付近。
イシガキカエルウオヒナギンポなどの極小幼魚があちらこちらに♪
キビナゴ大群も健在で、浅場は癒しの減圧タイムです。
あっ、タテガミギンポのお食事風景って面白いですねぇ。
一口藻を食む為に全力を使うの・・・
素早い動きを目で追うのは大変だけど、飽きません(笑)


本日けんじガイドのファンダイビング2ボートにご参加は
昨日の白谷雲水峡トレッキングに引き続き、
まるの海森パック2日目となるIさんとマンツーマン
鏡のような水面の穏やかな永田の海で
60分×2ダイブ=計120分ダイブをのんびり潜りました。
昨日は屋久島を作る土台「花崗岩」の上に森が乗っている様を
じっくり観てきたIさん。
今日はその花崗岩の上にサンゴの森が乗っていて、
そこを中心として色んな生き物たちが集結している様を
目を輝かせながら、楽しんでいらっしゃいました。
今回の屋久島でのダイビングが、
今まで潜ってきた中での最南端ダイブになるとのこと。
トロピカルな熱帯種をたくさん観ちゃいましたネ~♪
まだまだ海のシーズンは終わらないですヨ~
ぜひチャンスを作って、色んな海をたくさん覗いてみて下さいね。
そして、再び屋久島上陸される際には
また一味違う屋久島の魅力をご紹介しマス。
ぜひ遊びにいらして下さいネ★
byけんじ&ひろみ。

Recent Posts