8/22 ウミガメ三昧!ファンダイビング2ボート

 In ダイビングツアー風景

8/22 ウミガメ三昧!ファンダイビング2ボート【ポイント名】①トンネル下②トンネル下近く
【水中のコンディション】海水温28-29度、透明度30m~、凪、中潮
【潮汐】中潮
最高気温32度、快晴。
今日も残暑が厳しい・・・
でも海の中は屋久島ブルー♪最高の透明度でした★★★
トンネル下は流れもなく、今日もウミガメだらけ
体長90cm×1匹、体長60cm×2匹。
そんな子供のアオウミガメたちがいつもの寝床でお休み中でした。
イッテンチョウチョウウオの夫婦が、今日は片割れだけでした。
パートナーはどこへ?
屋久島では数の少ないカスミチョウチョウウオは今日も成魚が10匹位、
キンギョハナダイ群と混じって、プランクトンを捕食中・・・
ハナミノカサゴの幼魚(体長4cm位)や、タテキン★うずまきの姿も♪
屋久島吉田トンネル下の近く(笑);
素晴らしい透明度!クリアな青い水に真っ白な砂は最高に気持ちがイイ!
凪なのだが、強い潮流あり。(午後2時過ぎ)
真っ白な砂地の真ん中に聳える巨大な海底岩山。
そこはまさに砂漠の中のオアシス。
多くの生きものたちがその岩山を拠り所として暮らしています。
砂地-15mにはガーデンイール(チンアナゴ)がうじゃうじゃ。
渦巻き★タテキン若魚は何匹か発見。
岩の窪みを覗けば、黄色のサイコロ★ミナミハコフグ幼魚が~♪
体長1cm未満の小さな四角いボディに悩殺されました(笑)。
体長60cmのツムブリ群の姿も。
岩山の亀裂にイシモチ系の幼魚たちが、もんの凄い数で集結し、
それはそれは巨大な群れを作っている。
その大群の下にはハナミノカサゴやネッタイミノカサゴ、キリンミノカサゴなど
肉食系捕食者たちがうじゃうじゃ集結しておりました・・・
ここは肉食魚たちのレストランですなぁ(笑)
夜な夜なご馳走にありつける彼らのサイズは、まあBIGなこと!
体長50cm!クラスの巨体は迫力満点でした・・・
イシヨウジを発見したら、その隣りにミヤケテグリ(体長2.5cm)が1匹、
ズリズリと岩の上を歩いていました。水深約15m。
海底をよく観ると、ミヤケテグリはボチボチいらっしゃいました。
産卵時の「夫婦ラブラブ飛行」が観たいなぁ~
ナガサキスズメダイやコガネキュウセンの幼魚はあちらこちらに。
イシモチ系幼魚大群の上層にノコギリダイ幼魚(体長10cm位)が数匹混じっていました。
屋久島ではその成魚はあまり見かけない気がするけど、
沖縄にはうじゃうじゃいますよねぇ。
あ、あとそこにロクセンフエダイ幼魚(体長10cm位)も数匹いらっしゃいました。
ヨコシマクロダイの幼魚(体長6cm位)の姿も何匹か観ました。
これは海底近く(-15m付近)でね。
成魚のぬぼ~っとした感じがまだなく(笑)、
黒地に白い横縞がキュートで、一見スズメダイ風(笑)。


本日ひろみガイドのファンダイビング2ボート
屋久島島民女子お二人&ガイドの私の「ガールズ3人衆(笑)」。
女3人で船を貸切ってボートダイビング♪
なんてリッチなの~(笑)
キラキラ輝く青い海と青い空、白い入道雲はまだまだ夏休みって感じデス。
今日のダイビングポイントであるトンネル下&トンネル下の近く(笑)は貸切!
船上も水中も貸切なんて最高~♪
誰もいない水中をの~んびり潜ることができました★
ブリーフィングにて、ミナミハコフグ幼魚を探そう!と
誓い合う私たち(笑)
2本目で見事に目標達成!
お二人ともMYカメラにバッチリそのお姿を納められていらっしゃいました(*^^*)
どんどん潜りこんで、
ぐんぐんスキルUPされているお二人。
海の魅力にはまっているお姿、素敵デス。
今年中に50本目指して、ガンガン一緒に潜りましょう~!
byひろみ。

Recent Posts