8/11★水中は幼魚図鑑のごとし!&珍・カワテブクロ♪

 In 海の生きものの話とか。

8/11★水中は幼魚図鑑のごとし!&珍・カワテブクロ♪【ポイント名】①志戸子つめんこ②一湊魚見(うおみ)
【水中のコンディション】海水温27-28度、透明度30m、凪
【潮汐】大潮
晴れ。
南のち南西の風。
一湊湾内は風波がバシャバシャきてましたが、
風陰の志戸子&一湊元浦方面は凪。
透明度も30mオーバーで
太陽の光が降り注ぐ、明るい水中は最高でした♪
つめんこでもうおみでも、
黄色のサイコロ(ミナミハコフグ幼魚)を観察。
お盆ぐらいが、幼魚出現時期なんですな~。
何度見ても、見つける度、萌えあがります(笑)
また、マーブル模様が美しい、
タテキンの小学3年生位の子(体長10cm位)もよく見かけます。
今年生まれのツノダシの子供(体長10cm位)もあちらこちらに。
ヘラルドコガネヤッコの若魚(体長10cm位)の姿も。
ニシキヤッコ成魚の姿も確認。
根の上はキンギョ若魚&成魚の大群が華やかです。
クロユリハゼの幼魚たちも多いですね。
半透明な体がガラス細工みたいで美しいです。
カンムリベラ幼魚ツユベラ幼魚もよく見かけます。
うおみは久しぶりに入ったのですが、
サンゴ周りは中々魚影が濃いです。
ヨスジフエダイの大群や、各種ニザダイ&ブダイ系の混合群など。
また、ミツボシクロスズメの夫婦が産卵中でした。
(午前11時半頃)
ネッタイミノの幼魚(体長5cm)を発見。
岩に手をついて、近づこうとすると、
その手をついたすぐ下に、その成魚が・・・
危うく刺されるとこでした(汗)
枝サンゴ周りではフタスジリュウキュウスズメダイ幼魚
ヤリカタギ幼魚がフワフワ。
体長1cm未満は萌え萌えデス(笑)
-25mではクラカケベラ成魚がウロウロ。
キツネベラ幼魚×1匹。
タキベラ若魚、クログチニザ幼魚モンツキハギ幼魚など。
個人的には海底の真っ白なサンゴ砂の上に
クロナマコを良く見かけたことと、
ジャノメナマコとピンクのカワテブクロ
棘皮動物コンビ(笑)が一緒にいたことが
かなりヒットでした(*^^*)♪
屋久島においてカワテブクロは個体数が少なく、
私はこのうおみや管理塔下などでしか観たことがないなぁ・・・
ツルンとしたボディに少々ヌメッとしたピンクのお肌がたまりません。
ヒトデの仲間の中で可愛さはわたくし的にダントツ1位デス★


本日ひろみガイドのファンダイビング2ボートにご参加は
福岡からバイクで屋久島上陸されたYさんとマンツーマン★
集合場所へ向かう途中、バイクがパンクするアクシデントもありましたが、
ダイビングコンディションは上々、
2ダイブをのんびり楽しむことができました♪
ダイブマスター保持者であられるYさんは
八丈島で潜り込んだそうで、
屋久島の海と八丈の共通項や違いなどの話で
盛り上がりました。
紹介した生き物がYさんの眼に入ると
「おお~~」と低く唸っていらっしゃったのが印象的でした。
私も感動はすぐ言葉に出るタイプなので(笑)。
山も海も好きという両刀使いなYさんには
屋久島は最高の遊び場ですね~♪
またぜひ一緒に潜りましょう!
byひろみ。

Recent Posts