8/19★バイオレットボクサーシュリンプ夫婦が行方不明!

 In 海の生きものの話とか。

8/19★バイオレットボクサーシュリンプ夫婦が行方不明!【ポイント名】①一湊センロク②漁礁&ゼロ戦
【水中のコンディション】海水温27-28度、透明度~30m、凪
【潮汐】長潮
晴れ。
今日も朝から残暑が厳しい。
屋久島一湊センロク;
海水温約28度、透視度30m~、長潮、凪。
透明度最高!
センロクは地形が面白い。
例えるなら屋久島の山岳部を鳥のように飛んでいる気分♪
-22mではハタタテハゼオグロクロユリハゼが群れている。
その先ではアカモンガラが乱舞。
時々、テングハギモドキニザダイツムブリの大群がワァ~~っと目の前を泳ぎ去る。
根の上ではキンギョハナダイ群に混じり、
屋久島では少ないナンヨウハギの姿も。
また、シテンヤッコ若魚(体長10cm未満)も。
幼魚の黒斑は着えているが、まだあどけなさが残る外見がなんとも可愛い♪
シテンヤッコ幼魚は永田オツセなどでは-28mぐらいで見かける。
一方、成魚は浅場にたくさんいる。
今日観た若魚も、やはり深場で成長し、
自信がついてきた?から、浅場へ上がってきたのかなぁ~(笑)
成魚同様、黄色のボディに(ちゃんと)マロ眉&青いリップでしたヨ(*^^*)
ヤギやウミユリ、ウミカラマツやウチワなどの潮流大好き!な、生きものが多い。
じっくりとマクロ眼になれば、色んな居候の発見がありそうデス。
しかし、潮がかかると激流になる可能性が・・・
漁礁&ゼロ戦;
海水温約28度、透視度25m~、長潮、凪。
センロクに比べると透明度はやや落ち、浮遊物が多かったです。
抱卵中のニシキフウライウオメス。
しかし旦那さんの姿が見当たらず・・・
白っぽいハダカハオコゼ幼魚(体長3cm)の姿も。
ヨチヨチと海底を歩く姿に萌えました♪
アザハタ♀2匹のお腹はすっかり小さくなった気が。
もう繁殖期は終わったのかな?
タテキンが幼魚から若魚まで色んなステージの子がいて楽しい。
特に若魚(体長10cm位)のマーブル模様は美しい★
ケラマハナダイフタイロハナゴイ
ヨスジフエダイクマザサハナムロ幼魚群も入居中です。
アカシマシラヒゲエビホワイトソックスたちにクリーニングされるウツボ。
巨体を震わせ悶えてました・・・
お抱えのエスティシャンがたくさんいる生活って羨ましい~。
尚、ゼロ戦フレームの穴から小さな顔だけ覗かせているウツボ若魚の姿も。
グレーの顔しか見えなかったけどゴマウツボかなぁ~
漁礁;
バイオレットボクサーシュリンプの姿がない・・・
その場所にはアカシマシラヒゲエビとオトヒメエビの姿しかあらず・・・
どこへ消えてしまったの??もしやアザハタの若い子に食われたか!?
水面直下にはツバメウオが2匹。
双方くっついて泳いでいて、1匹がもう1匹のおしりを追っているようだった。
ブイから少し離れた-3mではツバメウオが58匹(←主人カウント(笑))
壁になってフワフワしてました。
残りの250匹位(笑)はどこにお出かけしているんだろうねぇ??


本日ひろみガイドのファンダイビング2ボートにご参加は
東京からお越しのSさんとマンツーマン
ダイビングポイントはどちらも貸切!
お盆過ぎると、ダイバーの数もぐっと減り、
静かな海に戻りました。
伊豆とグアムの海をベースに潜っていらっしゃるSさん。
屋久島より、より熱帯域であるグアムの海で
観たことがある魚が屋久島にもいたりして、
その共通項や違いに感心されていました。
自転車で日常的に長距離を走っていらっしゃるSさんは
脚力が凄い!
中層移動もグイグイ泳いでいらっしゃいました(*^^*)
ランチはまる自宅にて、手作りランチを。
その後、まったりとログづけしたら、楠川温泉へ。
久しぶりの楠川温泉は
ほぼ貸切状態で、約1時間、の~んびりお湯を楽しみました♪
やっぱり温泉はええのう~
次回は秋に来ようかなぁ~とSさん。
屋久島はいつでもウエルカムですヨ。
再び屋久島でお会いできますのを楽しみにお待ちしておりますネ★
byひろみ。

Recent Posts