7/27ダイビングログ★志戸子&タンク下

 In 海の生きものの話とか。

7/27ダイビングログ★志戸子&タンク下【ポイント名】①志戸子ガジュマル園前②一湊タンク下
【水中のコンディション】
【潮汐】大潮
薄曇り。
でも暑い。
南は雲が厚そうだ。
空気も湿り気を感じる。
今夜から久しぶりの雨かな?
①志戸子ガジュマル園前②一湊タンク下;
海水温26-29度、透明度15m、透視度10m-18m。
水深18m付近の濁りはあいかわらず。
でも、志戸子の浅場5mは透視度18m位。
光も入り、水もクリアに感じた。
屋久島ブルーよ、早く来ておくれ~
屋久島志戸子ガジュマル園前;
セダカギンポ卵守り中。
前回観察したのは6/27にハッチアウトしそうな銀色卵。
あれから1ヶ月。
今日観た卵も銀色で、すでに少しづつ旅立っている模様。
壁の亀裂の隙間にて、サビウライロウミウシらしきウミウシが交接していた。
水深10m位。
小野にぃにぃ図鑑によると、
「極めて局地的な出現をする種。
しかしいったん住み着くとかなりの間移動しない」らしい・・・
志戸子に潜る際は必ず訪問&チェックしようっと。
キハッソク・ハクテンカタギ幼魚はもういなかった。
コブシメ卵もウスサザナミサンゴ群落底辺では見つからず。
巨大ハマサンゴ山の裏側ではキスジカンテンウミウシがお食事中・・・
屋久島一湊タンク下;
ミル畑にて、ソラマメ(オアサハギ幼魚)を発見!
体長1.5cm位。
緑で本当ソラマメちっくで萌え~♪水深17m位。
いつぞやにおそらく台湾から流れてきた流木が沈んでいるが、
その近くにお住いの茶色なジョーフィッシュ。
失礼して、玄関の扉(フジツボの殻)を開けると、
しばらくしてから、めんどくさそうに出てきてくれました。御免。
ジョーのすぐ隣りにハナヒゲウツボが引越ししていらした(笑)
水深13m位。浅っ!
水深18mのハナヒゲも健在。
あれはシボリキンチャクフグだったのか?
それともゴマフキンチャクフグ?
褐色の丸いボディに蛍光グリーンの水玉が激萌えでした♪
ナメラヤッコハーレムがある岩の穴の中にて。また覗いてみようっと。
志戸子もタンク下もキビナゴ大群が渦巻いている。
タンク下では、その魚群にスマSアタ~ック!


本日ひろみガイドのファンダイビング2ボート★
お昼は霧島産黒豚にてしゃぶしゃぶ~
今が旬なヘチマなどの野菜と一緒に。
ジョーを女子3人で取り囲むと
クルクル回転しながら、私たちの顔を観る様は
いと可愛いし。
まぁ、当人は寝ているところを起こされて
たいそう迷惑していたのかも。
御免。
「ハタタテ ハナハゼ」と書いた私に
「ハタタテハナハゼって???」と勘違いされ、
ハタタテハゼを激写してしまったKさん。
ゴメンナサイ(汗)
今度は間に「と」入れますね(笑)
キビナゴのキラキラ光る魚群を必死に指差す私には目もくれず
海底をじっくり探索なさっていたIさん。
実は小さい生き物がお好きでは?(笑)
クギベラ幼魚やテンス幼魚などを発見されては
カメラに納めていらっしゃいました。
ランチ後は毎度毎度、涼を求めて川へ。
その度にジャンプ台(大岩)から飛び込みされるKさん。
それを動画で納めるIさん。
さすが10年来のお友達デスネ。
またぜひ屋久島へ遊びにいらして下さい。
その際はきっと屋久島ブルーな海を一緒に潜りましょう!!
口永良部島もいいですヨ。
それでは再びお二人にお会いできますのを楽しみにお待ちしておりマス★
byひろみ。

Recent Posts