7/24★午後からファンダイビング2ボート

 In 海の生きものの話とか。

7/24★午後からファンダイビング2ボート【ポイント名】①一湊お宮さん下②タンク下
【水中のコンディション】海水温27-29度、透視度15m、透明度18m、凪
【潮汐】中潮
晴れ。
雲は多いが日差しはキツイ。
とても日向にはいられません。
まぁ、海がぬるいこと!
超冷え性な私でも、とても6半を着ていられず、
午後はいよいよ5mmワンピに・・・
お宮下;ナガブダイが夫婦で仲良くお食事中。他にメスは見当たらなかった。-13mあたり。
お宮;カンムリベラ♂45cmウロウロ。-20mあたり。
ワタシ、あなたのこと、食べたこと、あるヨ~(笑)ふふ。
屋久島一湊お宮さん下;海水温27-28度。透明度20m。透視度15m。
沖出しの緩い潮。中潮。
お宮下の-25mはやや冷たい潮。
中層のサーモクラインはボチボチ・・・
表層でキビナゴ玉に突っ込んでいたのはヒラソウダ×4匹かな~
オジサン(注;サカナです(笑))がキビナゴを襲う!中々の迫力でした★
お宮下の水深13mには久しぶりにキビナゴ大群の濃い~魚影が渦巻いていた。
ハナゴイ♂の求愛が激しかった(午前11時半頃)、
ロクセンフエダイに混じってキンセンフエダイ?が数匹。
ヒレナガスズメの極小幼魚の姿もちらほら出始め。
屋久島一湊タンク下。海水温28-29度。透明度15m。透視度20m。凪。
小パッチにて。ケラマハナダイ&キンギョハナダイの幼魚群。
ケラマハナダイ♂群はお互いを牽制しまくってた。
タテキン幼魚うずまきぐるぐる5cm×2匹。
穴から堂々と出ているオトヒメエビ(笑)。
小ぱっちで。ウツボはお留守のようだった。
ユカタハタの姿もなし。
砂地-18mにて。
オトメハゼの幼魚とバッタリ♪体長1.5cm。
ウスサザナミサンゴ段々畑の上にて。
キビレブダイ♂が狂ったように、猛ダッシュで右へ左へ!求愛??
でも近くにメスの姿はなかったみたいだけど・・・午後3時頃。
ウスサザナミサンゴの上。
アオウミガメの子供が食事中。
海藻を食む度に体が右へ左へゆらゆら揺れて、
その結果サンゴをガリガリ削っている・・・
おーのー、ウミガメさんよ・・・
テトラ側の崩れたかのサンゴも、もしかして彼らのこういう行動の為??
ホンソメワケベラの幼魚が、
ロクセンフエダイたち&カゴカキダイたちをクリーニング。
小さいうちから働きモノですなぁ(笑)


本日ひろみガイドのファンダイビング2ボート
鹿児島からお越しのOさん&Kさんの女子お二人貸切ツアー
ダイビングは喜界島と坊津で潜ってマス!というお二人。
ダイビングショップで知り合い、
普段はショップツアーで潜っていたそうですが、
今回は一から自分たちで計画したという屋久島旅行。
「私たちには今回の旅は冒険なんです」
と嬉しそうにお話して下さいました。
久しぶりのボートダイビングとのことで、
少々緊張気味だったようですが、水に入ると余裕なお二人。
1本目はエントリー直後、キビナゴに巻かれましたねぇ♪
こんなに間近でキラキラなきビナゴ大群を見たのは初めて!
とお二人。
屋久島北限種と屋久島南限種が混在する
不思議な海はいかがでしたか?
2本目はウミガメの食事風景から息継ぎへ至るまで
じっくりウォチング♪
間近で見るカメの私生活に心を捉えられていたようです(*^^*)
明日もひろみガイドで2ボートダイビング!
今度は永田の海へGO~
どんな出会いがあるのか、お楽しみに!
byひろみ。

Recent Posts