屋久島でクリオネ!?サカタザメ&カスミアジ若魚大群!

 In 海の生きものの話とか。

屋久島でクリオネ!?サカタザメ&カスミアジ若魚大群!【ポイント名】一湊タンク下
【水中のコンディション】海水温24℃、透明度~20m、凪
【潮汐】小潮
曇り。
雨の予報でしたが、日中はなんとか天気が持ってくれました。
海水温が上がりました!
1度違うと体感温度が全然違うからねぇ~
依然、プランクトン(浮遊物)は多いですが、
中でも最近、気になる子がこれ。※下の写真
屋久島ダイビング水中写真クリオネのなかま?
体長約1.5cm(触手の長さは約4cm)。
透明で丸い体にはヒレのような手?が二つ。
それをヒラヒラ動かして泳ぐのですっ
その姿はまるで流氷の天使★クリオネそっくり~♪
私には同定できませんが、
おそらくクリオネに近いハダカカメガイの仲間だろうと考えています。
ちなみにクリオネは巻貝に近い仲間。
その可愛らしい動きからは想像し難いですが、
実は結構獰猛な肉食ハンターでもあります(*^^*)
写真の子達の捕食シーンを目撃してみたいなぁ~
小パッチでは砂の中に潜っていらしたサカタザメを発見。
私が手を付こうとした砂の中から突然飛び出してきたのでした(汗)
私は物凄くびっくりしたのですが、
彼の方も、とっても驚いた様子で、
全力で逃げて行かれました・・・御免。
他、ひろみメモは・・・
アオリイカが人工イカ柴に産卵にやってきてました。
その卵はまだ白く、透明にはなっていません。
かなり大きなテーブルサンゴがいくつもある場所では
頭上にカマスの大群、足元にカスミアジ若魚の大群が
常に視界に入り、それはそれは賑やかでした。
カスミアジたちのキビナゴを襲うハンティングシーンは圧巻デス!
テトラ寄りに、ホホスジタルミ幼魚を発見★
体長約5cm。
おしりをフリフリ泳いでいらっしゃいます。
定点観察しているパンダダルマハゼ夫婦の卵が
近日中にハッチアウトしそうです♪
銀色に光る卵が枝サンゴにびっしりと産みつけてあり、
親がヒレで卵を仰ぎ、酸素を送っている様子を覗き見しちゃいました♪
タテキン幼魚も見かけます。渦巻きが可愛いデ~ス♪
水底は依然アミ多し。まるで霧がかかっているかのよう・・・


本日、ひろみガイドのファンダイビング2ビーチにご参加は
島内在住・まるリピーターのKさんとマンツーマン
屋久島でダイビングライセンスを取得し、
まだ島外で潜られたことがないKさんは、
屋久島の素晴らしい水中世界しか見たことがない為、
彼女にとってはこの海が基準。
少々のことでは驚いてくれないのでした(笑)
そんなKさんが今日ヒットしていた生きものは
タテキンの幼魚&サザナミヤッコ成魚。
そしてフタスジリュウキュウスズメダイ幼魚に混じっていた
デバスズメダイの極小幼魚。
御昼寝中なアオウミガメ2匹の寝顔。
Kさんの心を掴むには一般ダイバーとは違う
一捻りしたガイディングをせねばなので
ガイドの腕が試されます(笑)
とはいえ、2ダイブ×60分=合計120分のタンク下三昧で、
海から顔を上げると「楽しかった~!」と、大満足のご様子。
密かにホッと胸を撫で下ろすわたくしでありました(笑)
生物層が厚いタンク下では
フィールド自体がとても広大ですし、
その生きものたちを丁寧に観てゆけば
とても1ダイブでは観きれない。
さらに季節変化がわかってくると、
その面白さがどんどん膨らんでゆく!という
すんばらしいダイビングポイントであります。
そのポイントへ気軽に行けるのは
屋久島在住者の特権デス!
という訳で、足繁く通って一緒に楽しんじゃいましょうネ★
byひろみ。

Recent Posts