続く!コブシメ大産卵★志戸子ガジュマル園前にて・・・

 In 海の生きものの話とか。

続く!コブシメ大産卵★志戸子ガジュマル園前にて・・・【ポイント名】①一湊タンク下②志戸子ガジュマル園前
【水中のコンディション】海水温22~23℃、透明度~25m、風波有
【潮汐】若潮
曇り。
夜半の雨は朝にはあがり、天気はまずまず。
けれど、西風が思いの他かなり強く、
ポイント選択や水面からボートへのエキジットなど、
風の神様に翻弄された1日でした(苦笑)
タンク下の小パッチにて。
キンギョハナダイケラマハナダイの幼魚が混泳♪
この場所は今、フレッシュな赤ちゃんたちが華やかな
箱庭的砂漠の中のオアシスです★
そんな美しい幼魚たちに見惚れていると
砂地に何か動くものが・・・
よく観るとコウベダルマガレイの小さなベイビーでした♪(体長1cm位)
水中は今、恋の季節&ベビーラッシュ!
生きものたちのパワーがみなぎっています。
そういえば、イカシバにほんの少しだけ(笑)
アオリイカの卵が産みつけられていました。
志戸子ガジュマル園前にて。
コブシメがなんと12匹も!
産卵床であるウスサザナミサンゴ大群落に大集結!!
激しい繁殖行動を目の前で観ることができました。
そして、今日は久しぶりに交接シーンを目撃~♪
オスがその10本の腕でがっしりとメスを抱きかかえます。
雌雄合計20本の腕が絡み合う姿は
まるで共食いしているようにも見えますが、
その腕の中では密やかに
オスが精子の入ったカプセルをメスに受け渡しているのです。
でも、交接前のメスは結構嫌がっているように見えます・・・
なんかオスに無理やり迫られているメス・・・
ではないとは思うのですが・・・(苦笑)
交接を終えると、メスは受精卵を体内で完成させ、
産卵床のサンゴへ向かうのでした・・・


本日ひろみガイドのファンダイビング2ボートにご参加は
昨日の2ビーチダイビングに引き続き
まるツアー2日目となるKさん姉妹貸切ツアー
姉妹で旅行なんて、とっても仲が良いですよねぇ
一人っ子の私にはお二人がとても羨ましく思えました(*^^*)
水中では姉妹それぞれMY水中スレート持参!
私が繰り出すクイズに、それぞれ回答して下さいました♪
アオリイカの卵アデヤカバイカナマコなど
手袋を自ら外して、そのプヨプヨ感を堪能(笑)
愛おしさ、倍増しましたか?
お昼はまる邸にて、手作りあったかスペシャルランチ
おなかいっぱいになったらコブシメの赤ちゃんという絵本で
イカの生態を楽しみました。
そして、午後は志戸子にて、コブシメたちの大産卵
絵本で見たことが目の前で繰り広げられている!
メスを巡るオスの戦いや、卵を準備~産卵床探し~産卵、求愛、交接・・・
それぞれのプロセスで、今、目の前で何が起こっているのかが
よ~くわかったのではないでしょうか?
背中の体色が一瞬で変わる様に
たいそう驚かれたお二人。
海の生きものたちの不思議に触れると、
人間が知っていることなんて
ほんのちょっとだけなんだと気づかされます。
今日は50本ダイブ記念でもありました。
ぜひ100本ダイブ記念も屋久島で潜りましょう!(笑)
お祝いしますヨ~★
また、ぜひ屋久島へ遊びにいらして下さいネ。
再びお二人にお会いできますのを楽しみにお待ちしておりマス(*^^*)
byひろみ。

Recent Posts