森のトンネルを抜けてサンゴの森へ…

 In 海の生きものの話とか。

森のトンネルを抜けてサンゴの森へ…【ポイント名】①香附子②一湊タンク下
【水中のコンディション】海水温23℃、透明度10~20m、凪
【潮汐】小潮
曇り。今日こそ土砂降りの中ダイビングかな~と、
覚悟していただけに嬉しい裏切り。
本日の1本目は同業者がほとんど使うことがない(←一湊起点で潜る為)
香附子へGO~♪
屋久島ダイビング写真森のトンネル
エントリーは森のトンネルを抜けてサンゴの森へ。。。
趣きのあるビーチダイブなのデス♪
水中は結構地形が入り組んでおり、
狭いトンネルや穴がたくさんで面白い~(*^^*)
また、棚上の多種多様なサンゴを拠り所に
屋久島のTHE普通種たちが賑やかな街をつくっています。
屋久島ダイビング水中写真コブシメ産卵オス同士ケンカ
屋久島ダイビング水中写真コブシメ産卵オス同士ケンカ
美しい青紫色をしたミドリイシ系のテーブルサンゴ畑にて、
コブシメが10匹!産卵中でした。
近づくと皆一旦逃げるのですが、
メスはまだまだ産卵したいモード全開のようで、
サンゴの傍でじっと待っていると、
まずメスが近づいてきて、それを追ってオスたちがやってくるのでした。
※上の写真2枚はメスを巡るオス同士の激しい戦い!
至近距離で激写中な私になぞお構いなし。そりゃそうだ(笑)
屋久島ダイビング水中写真コブシメがテーブルサンゴに産卵
テーブルサンゴの枝の隙間には、
ピンポン玉サイズの真っ白なコブシメ卵が
た~くさん産み付けられていましたヨ★
屋久島のコブシメたち。。。
彼らが産卵したい場所ベスト4は
①ウスサザナミサンゴの枝の奥
②ミドリイシ系の薄紫な細い枝状のテーブルサンゴの枝の奥。
③つめんこにある板状のサンゴの割れ目の奥。
④オオハナガタサンゴの割れ目の奥。
以上が私が今まで屋久島で観察した産卵場です。

狭いトンネルをなわばりにしているらしい、
オウゴンニジギンポのメス。ピンボケ写真にて失礼(笑)
そのお腹ははちきれんばかりに卵でパンパンに膨らんでいました。
出産直前ならぬ、産卵直前!といった感じでしょうか。
タンク下ではアオウミガメがマルハナガタサンゴ群落の上で爆睡中!
そっと近づくと、けだるそうにこちらを一瞥。
しかし逃げる気配は全くなく、目も心なしか半目状態(笑)
首がコックリコックリ。。。
無防備すぎやしないか!?
ついつい心配しちゃう程でした(*^^*)


本日ひろみガイドのファンダイビング2ビーチにご参加は
今日でまるでのダイビングが3日目となるリピーターSさんとマンツーマン
香附子のエントリー口。。。
森のトンネル」を、たいそうお気に召して頂けたようで、
潜る前からテンションUP♪
水中は白濁り気味な透明度でしたが、
逆にそれが迷路な地形をさらに難しくしてくれて楽しめました(笑)
また、狭いトンネルや至る所にあいた穴を覗き込むのは大変興奮しマス。
10匹のコブシメたちが繰り広げる繁殖行動も凄かったですネ。
特に、目の前で繰り広げられたオス同士のメスをかけた戦いはど迫力でした!
タンク下ではやはり白濁りした中層を沖へ。
キビナゴ幼魚群はいましたが、回遊魚の姿は拝めず残念。
けれど、岩の亀裂にまたまた巨大ウツボを発見。
威嚇が激しく、結構興奮していらっしゃったかしら??
私たちが怖かったんだよね。御免。
アオウミガメの御昼寝風景
2人でそっと見守る事約5分(笑)
ありゃ、本当に寝てるんだろうね。。。(苦笑)
Sさんは明日けんじガイドでまるダイビング4日目!
明日はビーチダイビングではなく、ボートダイビングです♪
最終日のダイビングをたっぷりと楽しんで下さいネ~(*^^*)
byひろみ。

Recent Posts