屋久島南部へ遠征!

 In ダイビングツアー風景

屋久島南部へ遠征!【ポイント名】安房春田&尾之間
【水中のコンディション】海水温;春田21度、尾之間23度、透明度~20m
【潮汐】中潮
曇り。
冬型の気圧配置は緩みましたが、一日中お日様は拝めず(泣)
風陰の南部は日が射せばポカポカなんだけどなぁ~
まぁ、海は穏やかだからヨシとしましょう(*^^*)
屋久島ダイビング水中写真ガラスハゼの仲間
お花畑のように見えるのはサンゴの触手。
その上を滑るように走り回るのは小さなガラスハゼの仲間。
体長約3.5cm。


本日女性ガイドひろみのファンダイビング2ビーチにご参加は
島内在住Kさんとマンツーマン
南部遠征は今回が初となる彼女。
北東の風が吹けば栗生へ行こう!と目論んでいたのですが、
当日の風は北西のまま・・・残念。
まぁ、でも栗生以外にもダイビングポイントはありますから
色々と見比べてみましょうね~とテンションを上げつつ宮之浦を出発!
春田に着くと誰もおらんだろうと思っていたら
大型バス&普通車がズラリ。
何事かと思ったら修学旅行で朝から釣りをしているらしい。
なぜこんな場所で??そしてやはり何も釣れていなかった・・・
そんな面々を横目に汽水域からエントリー。
川の水が混じると実に冷たい。海水温21度(泣)。
水中は勿論誰もおらず貸切
40分で上がりましょうと言っていたのに、やっぱり60分・・・
お昼は地元で大人気のラーメン屋でアツアツのみそラーメン。
ホクホク暖まった体でさらに南へと移動。
尾之間もべた凪。
水中はやはり誰もおらず貸切
海水温は春田より1~2度高く、温かい~♪
60cm位のコブシメが1匹。
40cmサイズのアオリイカの編隊。
海底を闊歩中のタコ
モンツキハギの若魚たち。
テングハギの若魚たち。
オジサンの幼魚たち(個人的にかなり胸キュン)
石の下には
クモヒトデウバウオキンチャクガニなどなど。
やはり40分でEXできることなどなく(笑)
ダイブタイムは70分でした~アハ(^^ゞ
その後は目の前のJR温泉へ直行~
トロトロのお湯にのんびり浸かって冷えた体を芯から温めました。
やっぱり、ダイビング後は温泉よねぇ♪
それが可能な屋久島って最高~!
Kさん、海水温はまだまだこのままですから
年内はあと何本か潜りましょう~
栗生も行かなきゃネ(^_-)-☆
byひろみ。

Recent Posts