やれ嬉や♪クモウツボ幼魚発見!!in志戸子タイドプール

 In 海の生きものの話とか。

やれ嬉や♪クモウツボ幼魚発見!!in志戸子タイドプール【ポイント名】志戸子ガジュマル園前タイドプール
【水中のコンディション】海水温30度、透明度40m、凪
【潮汐】大潮
本日はYOCA(屋久島まるごと保全協会)主催、毎月恒例の
第4回コーラルウォッチの講師で我が家の庭『志戸子ガジュマル園前』へ。
本日は北東の風が吹いておりましたが、
最干潮のタイドプールでのんびり調査を致しました♪
屋久島サンゴ調査
タイドプール内の海水温は依然30度が続いておりますが、
サンゴの白化は一部の群体を覗いて、若干色味が薄くなっている程度でした。
※データの詳細は『つづきをどうぞ』から・・・
海水温の上昇を防ぐ要素として
①リーフでもなく、湾でもないこの場所は完全な外洋であること。
②潮の干満により、タイドプール内の水が毎日入れ替わること。
以上2つがサンゴの健康を維持する為に
重要な鍵を握っていることは疑う余地なしデス。
調査後、参加者の皆さんと自然な流れでタイドプール観察へ移行・・・(笑)
そうしましたら、石の間をニュルっと動く細長い生き物が・・・
おおお!!なんとウツボの幼魚を次々に発見デス!!!
屋久島ダイビング水中写真クモウツボ幼魚 屋久島ダイビング水中写真クモウツボ幼魚
調査開始前にヤッシーさんより、
タイドプールの転石下にウツボの幼魚がいたよ~と聞いたばかり!
まだ見ぬそのお姿に妄想を膨らませていたまさにその時!の出会いデス(*^^*)♪
いや~日頃の行いですかね?というか発見したのは私ではないのですが。(笑)
自宅の目の前にあるタイドプール。通うことで見えてくる季節変化。
まさにそんな出会いですな~(しみじみ)
上の写真2枚はクモウツボの幼魚。体長約10cm。
小さくてもチャームポイントな黄色の鼻毛があるんやねぇ★
まだあどけない顔に胸キュンです~(*^^*)
下の写真は残念ながらお顔が撮れず・・・
体長は先出のクモウツボ幼魚と同じ位の10cm。
この子は一体誰なのでしょう??
屋久島ダイビング水中写真ウツボ幼魚


調査結果は連休明けにUP予定です・・・

Recent Posts