サンタクロースなエビ★ホワイトソックス

 In 海の生きものの話とか。

サンタクロースなエビ★ホワイトソックス【ポイント名】一湊お宮さん下、漁礁&ゼロ戦
【水中のコンディション】海水温27~28度、透明度~30m、うねり少々
【潮汐】中潮
晴れ。
山には厚い雲がかかっていますが、
里は雲間から青空も見えていました。
依然、島の東側沿岸は大時化。
風陰の一湊湾内は凪ですが、浅場はうねりが少々入っています。
屋久島ダイビング水中写真サンタクロースエビホワイトソックス
本日の写真は熱帯種「サンタクロースエビ」。
またの名を「ホワイトソックス」。
どちらもそのものズバリな名前デス(*^^*)♪
彼らはとても用心深く、他地域で暮らす個体は
穴の奥へ奥へと逃げ込んでしまうらしく、
中々そのお姿を拝めないそうです。
が、しかし、屋久島の子は全く逆。
前に前に出てきてハイ、ポーズ(笑)
余裕で激写できちゃいマス。
スレていないって素晴らしいなぁ~!


本日女性ガイド兼オーナーひろみのファンダイビング2ボートにご参加は
東京からお越しのKさんとマンツーマン★
大学時代にダイビングサークルに所属していたというKさん。
水中ではさすがの泳ぎっぷりでした。
まだ、あまり生きものたちの赤裸々な生態を知らないKさんに、
ここぞとばかり、色々な裏話を教えちゃう私。
可愛いと思っていたあのクマノミが実は~!とかネ(笑)
目を真ん丸にして聞き入ってくれたKさんなのでした。
ダイビングライセンスは海へのパスポート★
これを機会にどっぷりと水面下の世界にはまって下さいね~(*^^*)♪
今日はお宮前の水面直下で
2匹のアオウミガメが悠々とすれ違う珍しいシーンを目撃!
果たしてそこに「コミュニケーション」はあるのカナ~?
お宮前のキビナゴ大群はもんのすごいデス!!!
エントリー直後、海底を覆いつくすその大群はど迫力~♪
永田灯台の浅場にたむろう巨大キビナゴ玉に引けをとらずデス。
ゼロ戦のヨスジフエダイベイビーがスクスク成長中です。
久しぶりに観たら、3cm位だった子たちが、もう8cm位まで大きく・・・
そんな成長っぷりを見守る私はちょっぴりママ気分です(笑)
これぞ種を超えた愛なのだ~!ウフフ。
体長1cm程のタテジマキンチャクダイベイビーの姿も。
可愛いマーブル模様は必見ですヨ~♪
byひろみ。

Recent Posts