ハナゴイ雄の求愛

 In 海の生きものの話とか。

ハナゴイ雄の求愛【ポイント名】一湊クレーン下&タンク下
【水中のコンディション】海水温28度、透明度30m~、凪
【潮汐】大潮
この頃、夜中に激しい雨が短時間降ります。
それはまるでスコールのよう。
日照り続きだった島にとっては待ちに待った恵みの雨です。
屋久島ダイビング水中写真ハナゴイオスがメスに求愛中
今日の写真は熱帯種「ハナゴイ」のオスとメス。
水深20m位にあるハーレムの個体はその体色が青く見えるのですが、
浅い水深で観ると、実はこんなに鮮やかなパープルなんですネ★
写真では上のオスが下のメスに自慢の背ビレをピッと開いて求愛中~!
メスがその気になってくれるまで、この求愛は何度も何度も繰り返されます・・・
どこの世界でも女子を口説くのは中々大変なようですな(笑)
この恋路の行方やいかに・・・!?


本日けんじガイドの体験ダイビングにご参加は
栃木県からお越しのOさんとマンツーマン。
小さい頃から海が遠い栃木県で生まれ育ち、
そのせいか海への憧れが強いのか、「海が大好き!」と笑うOさん。
潜る時も耳抜きがとてもスムーズに出来て、
とても初めてのダイビングとは思えず驚いてしまいました(笑)
水面は依然、少々濁りはあるものの、
潜っていくと、水中はスコーンと抜けていて透明度30mオーバー!
青々と透き通る水は浮遊物も無く、とてもクリアで気持ちE~♪
午後から潜ったタンク下では、ツムブリやカンパチに追われたキビナゴが
ダンゴになっていました。
体験ダイビングでこの光景が観られるなんて、
本当屋久島の海は贅沢ですねぇ~
また、屋久島へお越しの際にはぜひ一緒に潜りましょう~!
byけんじ。

Recent Posts