第3回志戸子タイドプールdeサンゴの健康診断★

 In サンゴ礁保全調査活動

第3回志戸子タイドプールdeサンゴの健康診断★【ポイント名】志戸子ガジュマル園前タイドプール
【水中のコンディション】海水温34度~、透明度40m~!!
【潮汐】中潮
暑い・・
今日も快晴ですが、その空気は真夏のピークを過ぎたように思います。
特に朝の空気はすでに秋のもの。
夏もそろそろ終わりに近づいているのですなぁ~

屋久島ダイビング水中写真サンゴ調査コーラルウォッチ  屋久島ダイビング水中写真サンゴの森

今日は我が集落の目の前の海、志戸子ガジュマル園前のタイドプールにて
YOCA(屋久島まるごと保全協会)主催の
コーラルウォッチ(サンゴの健康診断)モニタリング調査でした。
毎月行っているこの調査、3回目となる今回はなんと12人の参加者が~!
サンゴに興味を抱き、足を運んで下さることが本当に嬉しいなぁ~
講師のわたくし、俄然テンション上がりまくりデ~ス♪


タイドプールの海水温は34度オーバー。
ダイビングポイントではおよそ28~29度ですから、その差は約5度。
海水温が1度違うと海の生きものにとってはとても大きな変化になりますから、
真夏のタイドプールがいかに厳しい環境なのかが推測できます。
そんな中、例により2人組でサンゴの色を観察&記録していきます。
※コーラルウォッチ調査の詳しい内容は過去のまるブログをご参照下さいネ。
https://maru-yakushima.net/maru-log/2007/11/post_13.html
https://maru-yakushima.net/maru-log/2007/12/post_11.html
屋久島ダイビング水中写真サンゴ調査コーラルウォッチ
小さなタイドプールを大勢で調査しましたので、あっという間に終わりました(笑)
今回の調査結果は以下の通りです。
【天気】快晴【最高気温】32度【海況】べた凪【海水温】34度(7/12より2度上昇)
【潮汐】中潮(8/20新月の2日後)、最干潮14時半
【調査時間】13;30~14;30
_____________
※()内数値は前回比
◆枝状サンゴ41群体;
最も色が薄い部分 2.170(+0.31)
最も色が濃い部分 5(+0.92)
_____________
◆かたまり状サンゴ61群体;
最も色が薄い部分 2.344(+0.024)
最も色が濃い部分 5.278(+0.318)
_____________
◆板状サンゴ5群体;
最も色が薄い部分 2.6(-0.73)
最も色が濃い部分 5(-0.33)
_____________
◆全体107群体;
最も色が薄い部分 2.289(+0.069)
最も色が濃い部分 5.158(+0.448)
_____________
★考察;
全体的な色合いについて、真っ白というものはなく、
数値で観ても、(板状を覗けば)全て前回比を上回るという結果に・・・
その意味するところは、より色味が濃い=まだまだ元気!ということ。
海水温は前回より2度高いにも関わらず、こういう結果というのは意外でした。
ということは、
「海水温が上がればサンゴが白化するという図式は単純に当てはまらない」
ということを裏付けています。
また、今年も去年同様、まともな台風がまだ一つも襲来しておりませんから、
タイドプール内、シュノーケリングポイントの浅場ともに、
枝状サンゴがポキポキ折れることもなく、スクスク成長しております。
これは色々な意味で次回の調査が楽しみになってきました(*^^*)
※第1回コーラルウォッチ6/25の調査記録
https://maru-yakushima.net/maru-log/2009/06/post_261.html#extended
※第2回コーラルウォッチ7/12の調査記録
https://maru-yakushima.net/maru-log/2009/07/post_276.html#extended
さて、調査終了後は希望者のみ、お楽しみのシュノーケリングで~す!
屋久島シュノーケリング水中写真
腰ぐらいの水深には海底を埋め尽くさんばかりのサンゴの森が~
一息つく為、海底に足をつこうとすると、足の踏み場がありませ~ん(汗)

屋久島ダイビング水中写真サンゴの森  

下の写真は足元にドンと鎮座する脳みそみたいなサンゴ・・
その名も「ダイノウサンゴ」をしげしげと見つめるS氏。
屋久島シュノーケリング水中写真
水に浮かんで手を伸ばすとサンゴにタッチできちゃいます。
硬いサンゴ、柔らかいサンゴ、その間を泳ぎまわるたくさんの魚たち・・
ガジュマル園の目の前の、しかもこんな浅場に
このような素晴らしい世界が広がっていることを知ってしまった皆さん。
もう病み付きになること間違いなし(笑)
だって、海から上がると、皆さんの顔が輝いていましたからネ★
覗いてみなければ知ることができない水面下の世界。
またぜひ一緒にプカプカしましょう~♪
byひろみ。

Recent Posts