屋久島のイザリウオ改め、イロカエルアンコウ♪

 In 海の生きものの話とか。

屋久島のイザリウオ改め、イロカエルアンコウ♪【ポイント名】一湊お宮さん下
【水中のコンディション】海水温28~29度、透明度20m~、凪
【潮汐】大潮(新月)
快晴!
なのに、今日はゲストがいない・・・(号泣)
そこで、久しぶりに夫婦で調査ダイブを2本!
同業者のボートダイビングに便乗させて頂き、
撮りたかった生きものたちを思う存分激写して参りました~(*^^*)♪
その一つがこれ。
「イロカエルアンコウ」。体長約20cm。
岩じゃないですヨ~。ちゃんとサカナですヨ~。
近寄っても全く動じず、ピクリとも動きません。
本人は岩を演じきっていらっしゃるのですなぁ。役者よのう~
屋久島ダイビング水中写真イザリウオ改めイロカエルアンコウ
この子は亜熱帯種ですが、屋久島では個体数が多くないようで、
あまりお会いできません。
ですから、その偶然の出会いには胸がルンルンときめく訳ですな~★
以前、同業者のT君に誘われ、我が志戸子のタイドプールにて、
体長5cm程の小さなカスリカエルアンコウのカップルを観たのでした。
日が沈み、あたりが薄暗くなっていく中、
ひっそりと営まれた求愛のゆさゆさダンス。
動作はとてもゆっくりなんだけど、情熱的で刺激的でした。
写真の子もその時が来たら、きっとあの「ゆさゆさダンス」を踊るんだろうなぁ~
いつか求愛から産卵まで腰を据えてじっくり観てみたいなぁ・・

屋久島ダイビング水中写真イザリウオ改めイロカエルアンコウ  屋久島ダイビング水中写真イザリウオ改めイロカエルアンコウ

お宮下の水深25m位には今日もキビナゴ大群が渦を巻いておりましたヨ。
そんな中、ピンク好きにはたまらない(笑)ハナゴンベや
求愛で忙しそうなスミレナガハナダイのオス、
群れてないと不安で仕方ない?カゴカキダイの群れを
減圧ギリギリまで、シャッターを切り続けるひろみなのでした~(*^^*)♪
そういえば昨日、クギベラ&オトメベラが
コブシメ産卵床のウスサザナミサンゴ周辺で放精放卵してました!
メモメモ★★

Recent Posts