ヤクスギが静かに見つめ続ける、何千年という森の歴史とは・・・

 In 森の生きものの話とか。

ヤクスギが静かに見つめ続ける、何千年という森の歴史とは・・・【ポイント名】一湊元浦&タンク下、荒川原生林森歩き(ヤクスギランド)
【水中のコンディション】海水温30度、透明度~20m、凪
【潮汐】若潮
今日も蒸し暑いです。
海はとても穏やか~♪
屋久島森歩きコケ写真
本日わたくしは森歩きガイドの為、標高約1000m付近に広がる
荒川原生林(ヤクスギランド)へ・・・
標高が100m上がることに気温は約0.6度下がるのですが、
里と比較すると約6度近く低いその場所は
ほんのりと霧に包まれ、涼しくてとっても快適でした~♪
屋久島森歩きヤクスギ切り株写真
上の写真は巨大なヤクスギの切り株。
その内部から朽ちて土に還る様を見つめるKさん。


本日女性オーナーひろみガイド荒川原生林1日森歩きにご参加は
東京からお越しのKさんとマンツーマン★
Kさんは屋久島はガラパゴスと同じように秘境のイメージがあり、
覚悟を決めて来島されたそうデス(*^^*)♪
白谷雲水峡に比べ、人が少ない森の中で
じっくりと時間を使い、ゆったりと緑の世界を堪能してきましたヨ。
ボケ、ツッコミの鋭い返しが素晴らしいKさん。
私の話に絶妙なテンポでボールを返して頂けるので、
なんだか笑いが耐えない道中でした(*^^*)♪
我々が想像を絶する森の再生の歴史を何千年と静かに見続けるヤクスギたち。
それを取り巻く、植物たちのカオス。
そして、その森を支えるコケや菌類、そして水。
さらに植物が岩や切り株の上から育つ事実を次々に目の当たりにし、
学校では教わらなかった新たな真実に驚きを隠せないKさんでした。
理科や生物の授業は教室だけで学ぶのではなく、
どんどんと野外へ飛び出していければいいのに・・と、強く願う高橋です。
事件は教室で起こっているんじゃない!現場で起こっているんだ~っ!!
屋久島森歩きコケ写真
水滴をまとった光り輝くコケをいかにして撮るか、2人で夢中になりました~
また、虫眼鏡で覗くコケの世界、そしてそのフカフカな触り心地に
「一撫ですると、疲れが一つ吹き飛びますね~」とKさん。
そんなコケのベッドの上で芽吹く、小さな小さなヤクスギの赤ちゃん。
切り取り、画として残したいドラマがたくさんありましたネ。
森歩きを楽しんだ後は、疲れを癒しに温泉へ~♪
尾之間まで足を伸ばし、海の見える最高の泉質のお湯に体を浸し、
じっくりと足腰を揉み解しました。温泉に入ると本当に疲れがとれますな~
明日はKさんと今度は海の中へ!
屋久島の森と海を存分に楽しみましょうネ★
byひろみ。
本日けんじガイドの体験ダイビング&ファンダイビングにご参加は
東京からお越しの仲良し三人組。
うち、お一人はダイビングライセンスをお持ちでしたので、
体験ダイビングのお2人と一緒にダイビングを楽しんで頂きましたヨ~
タンク下ではエントリーしてすぐにアカカマス☆ヤングの群れが我々を出迎えてくれました。
屋久島にて20ダイブ目を迎え「オメデトウゴザイマス!」
これから50本、100本と節目節目で屋久島の海を一緒に潜りましょう(*^^*)♪
100ダイブ目の際にはわたくしめが板前の腕を揮ってお祝いしますヨ~★
byけんじ。

Recent Posts