一湊タンク下三昧

 In 海の生きものの話とか。

一湊タンク下三昧【ポイント名】
【水中のコンディション】海水温28度 透明度~18m 凪
曇り。
時々雲間から太陽の顔が覗きました。
西の風がかなり強く、一湊湾内は時化・・
唯一風陰で波が静かなタンク下は多くのダイバーで大賑わいとなりました。
写真はゴンズイ若魚玉(*^^*)♪
屋久島ダイビング水中写真ゴンスイ玉


本日ファンダイビング3ボートにご参加は
Mさんご夫妻&Iさん&Mさん。
1本目と3本目はひろみガイドで。
2本目はけんじガイドで。
昨日に引き続きダイビング2日目となるMさんご夫妻はフィッシュウッチング派。
ご紹介する生き物をじっ~と観察されてました★
ご自身でも岩の下を覗いたりして、色々な「発見」があったようですネ♪
Iさん&Mさんはカメラ派。
次から次に現るモデルさんたちを
バシバシ撮っておられました(*^^*)
Mさんは1日で200枚以上の写真を撮られたそうで、
あとから画像を確認する作業が楽しみですね~♪
Iさんは途中動画も撮影!早くも水中ビデオデビューしちゃいましたネ~★
今日の一湊はダイバーが多く、ポイントが空くまでの待ち時間が長かったのですが、
魚たちの面白話などで大いに盛り上がりました。
最後は時間が押してしまってログづけができず本当に申し訳なかったです。
「この感動をログづけで色々と共有したかったのに非常に残念!」とMさん。
本当にごめんなさい。後程メールにてログをお送りしますからネ。
次回ダイビング終了後は居酒屋まる(笑)にて、じっくりとログづけしたいですね~
コースどりを変えたとはいえ、3本とも同じポイントだったにも関わらず、
「感動した!」「本当に生きものがたくさんいて盛りだくさんな海だった」と
皆さんにお褒めの言葉を頂き、とっても嬉しいデス。
キビナゴの群れを襲う回遊魚たちの捕食シーンなどでは
水面直下で繰り広げられる生と死のドラマを全員で見上げていましたね。
皆さん、水底に仰向けでその光景に目が釘付けになっておられたのが
なんだか印象深いシーンでした。
またぜひ屋久島の海を一緒に潜りましょう!
再びお会いできる日を楽しみにお待ちしております★
byひろみ。

Recent Posts