オオハナガタサンゴが大規模に齧られてる!

 In 海の生きものの話とか。

オオハナガタサンゴが大規模に齧られてる!【ポイント名】一湊タンク下
【水中のコンディション】海水温 透明度20m 凪
【潮汐】小潮
久しぶりにタンク下へ夫婦で調査ダイブ。
最近永田ばかり潜っていたので、タンク下の生きものたちに会うのは
なんだか懐かしい気がしてしまいました(*^^*)
潜る前、同業者のT君から、早朝にオオハナガタサンゴ周辺で
チョウチョウウオの大群がうろついていたとのことを聞き、
一番に観てみると、その群れは少しだったけど、
かなり広範囲でオオハナガタサンゴの肉片を齧られたすさまじい痕跡を発見。
普段、ツンツン齧られてはいるのですが、明らかに日中のそれとは違い、
バクバク食われているという感じなのでした。
写真は緑色の部分がサンゴのお肉。白っぽく見えるのが食痕。
屋久島ダイビング水中写真オオハナガタサンゴ屋久島ダイビング水中写真サンゴが齧られた跡

も、もしや前夜に大産卵があったのか!?
ま、まさか夜明け前に産卵だったとか!?
でも、潮は小潮。満月から8日も経過してるんだけど・・・
謎は深まるばかりで、とても興味深いですな~♪
それにしても、日々の調査ダイブがあるからこそ、
そのような変化に気づけるのだと改めて思い知る今日この頃です
幼魚群はベラ、ブダイ、スズメダイなど各種ベイビーが爆発的に増加中。
ホシススキベラ、ナガサキスズメダイ、ツユベラ、カンムリブダイ、イロブダイ
など、可愛い赤ちゃんが見られるのは今の季節ならではですよ~★
写真左はアマミスズメダイの幼魚。大人になると真っ黒になっちゃうのだ~!
写真右はゴマハギの幼魚。大きな鰭がチャームポイントどす♪
屋久島ダイビング水中写真アマミスズメダイ幼魚屋久島ダイビング水中写真ゴマハギ幼魚

中層ではキビナゴ大群にツムブリ大群がアタック!
迫力満点の捕食シーンは水面を見上げた人だけが味わえます(笑)
シャープアイピグミーゴビー(ヒメニラミベニハゼ)はうじゃうじゃいらっしゃいます。
彼らは冬季にはいなくなってしまうので、夏ならではの光景です。
水深-20mの海水温は冷たしでした・・・
そこで岩穴を覗いたならば、久々にオトヒメウミウシとバッタリご対面。
スカートの裾をひらめかせるように
バッサバッサとあいかわらず豪快に歩かれておりました~♪
屋久島ダイビング水中写真オトヒメウミウシ

浅場のちびコブシメがまだ産卵しようとしております・・
ウスサザナミサンゴの枝の隙間にはまだ真っ白な卵を観ることができます。

Recent Posts