2夜連続★サンゴの産卵!!

 In 海の生きものの話とか。

2夜連続★サンゴの産卵!!【ポイント名】一湊タンク下
【水中のコンディション】海水温27度 透明度20m
7/9&7/10と2日間に渡り、サンセット→ナイトダイブ調査。
狙うは勿論「オオハナガタサンゴの産卵」デス。
水中は白いモヤがかかったように、なんだか白濁していました。
そして例により、サンゴのお肉大好き!THEチョウチョウウオ軍団が
オオハナガタサンゴ群落周辺を右往左往していました。
この光景を見ると、今からサンゴの一斉産卵が始まることは
「間違いない!」とわかります。
屋久島ナイトダイビングでサンゴ産卵屋久島ナイトダイビングでサンゴ産卵

チョウチョウウオたちが年に数回しか食べることができないご馳走・・・
それが栄養たっぷりな「サンゴの卵」です。
産卵まで待ちきれない!という様子の彼らが
ツンツン突付いているサンゴはほとんどがマルハナガタサンゴ群落で
突付かれていたオオハナガタサンゴは1群体だけでした。
今回の産卵では7/9は前回6/11同様の放精放卵で、
翌日7/10は放精放卵というより、精子のみが水中に放たれ、
放卵はほとんど観られませんでした。
下の写真は放精の瞬間!!
屋久島ダイビングでサンゴ放精屋久島ダイビングでサンゴ放精

※6/11の大産卵の様子はまるの過去ブログをご参照下さいネ。
『初記録★★★屋久島でついにサンゴの産卵を観察!!!』
href=”https://maru-yakushima.net/maru-log/2009/06/post_249.html
『ノウサンゴの仲間が産卵★』
https://maru-yakushima.net/maru-log/2009/06/post_250.html
以上を踏まえて考察するに、オオハナガタサンゴの産卵は
私たちが潜った前日の7/8頃だったんじゃないかな~
いずれにせよ、海水温はすでに27度。
今年のサンゴの産卵はこれにて終了・・・カナ?
生まれて初めて観察したサンゴの産卵。
しかも、今シーズンだけで4回もその現場を目撃できたことに感激デス。
生でその営みを実際に自分の目で観て、
(サンゴは動物なのだ!)と改めて実感しました。
まずは観察し、記録できたことが嬉しかったデス。
今回のデータを参考に、来年こそはオオハナガタサンゴの大産卵を観るぞ~♪


7/9の潮汐などのデータは以下の通りです。
満月(7/7)から2日目。
age16.jpg
taidogurahu-20090709.png
港 一湊
緯度 30.28
経度 130.30
平均水面 131cm
潮 大潮
満潮 7:26 (207cm)
  20:48 (209cm)
干潮 2:06 (104cm)
  14:15 (14cm)
日出 5:22  
日入 19:23  
月出 20:04 (8日)
月入 6:44 (9日)
屋久島の海水温
屋久島近海の黒潮の動き

Recent Posts