屋久杉の森を抜け、太忠岳へ!

 In 森の生きものの話とか。

屋久杉の森を抜け、太忠岳へ!今日はオフ。
母と旦那様とわたくしの3人で、太忠岳登山へ行って参りました。
太忠へ登るのは何年ぶりかな~?
ちなみに母と健二は太忠は初めて。
さらに、健二は今まで板前生活が忙しく、屋久島で登山をしたことが全くなかった為、
今回の山行は彼にとって一番高い頂きへのチャレンジとなる訳デス。
写真は標高1497mの山頂に聳える天柱石。


道中の荒川原生林は連日の雨で森の中がしっとりと湿り、
とても清々しく、ついついのんびりとしてしまいました。

ヤクスギの足元ではその稚樹(赤ちゃん)の芽生えが。
切り株上のふかふかコケ布団の上でスクスクと成長中。
1000年経ったら、背後に聳える先輩のようになれる・・・カナ?

森の中にはヤクスギの巨木があちらこちらに・・・
ここは江戸時代に伐採があってから、約300年という長い年月をかけてゆっくりと森が再生を果たした、
人と森の歴史を観ることができる素晴らしい場所です。
写真は切り株or倒木上更新を果たした2代目ヤクスギの巨木。

その足元から空を仰ぐ・・

山頂直下。最後の登りはロープに摑まって・・・
今年還暦を迎えた母ですが、力強く登っていきます。

ついに山頂へ到着!
花崗岩が創り出した『天柱石』とご対面デス。

山頂からの展望。
眼下に屋久杉の森と荒川ダム、愛子岳などの前岳、海を臨む・・

途中パラパラと雨は降りましたが、雲間から陽が射すこともあり、
Tさんいわく、『光の雨降る屋久島』を堪能することができました。
何より、母の楽しそうな笑顔が私の大きな収穫だったかな(*^^*)

Recent Posts