モンジャウミウシ♪

 In 海の生きものの話とか。

モンジャウミウシ♪【ポイント名】一湊タンク下
【水中のコンディション】海水温24度 透明度~30m 凪
晴れ。
奄美付近にある前線は次第に北上し、
屋久島も今夜位から雨が降りそうです・・
タンク下は今日もべた凪。
本日は浅場で色々と調査しようと思いつつ、
しかし12Lを背負ってしまったものだから、ついつい漁礁まで泳いでしまいました・・・
中層はキビナゴの大群を襲うアオチビキの群れや
カンパチ、ツムブリなどが見られます。
道中、体長25cm位のメガネハギ★アタックを受けました・・・
かなり怒ってたなぁ・・きっと卵を守っているのでしょう。
傍を通ってごめんね。
漁礁には体長1.5m位のカンパチが1匹ウロウロしておりましたが、
そちらには目もくれず、ニシキフウライウオのメスのお腹の卵を
夢中でパパラッチさせて頂く私なのでした・・・(写真は明日UP予定デス)


『モンジャウミウシ』。
緑の海藻の森(水深-3m)で発見。体長4cm。
随分とずっしりとした体つきですな~
波あたりの少ない、浅場の物件がお好みのようです・・
ところで、名前の『モンジャ』の由来はどこから??
やっぱりあの食べる『モンジャ』かしら??


屋久島ではあまり個体数は多くない『セグロチョウチョウウオ』。
温帯種代表デス。(写真上左)
やはりそんなに数は多くない『ハナグロチョウチョウウオ』。
こちらは熱帯種代表デス。(写真上右)
セグロチョウはサンゴのポリプ(骨付き肉の肉部分)や
海底の小さな動物、また海藻も食べる雑食ですが、
ハナグロチョウは、食事メニューの主がポリプ食。
ですからサンゴがないと生きていけません。
まぁ、たまにお野菜(海藻)も食べるみたいだけど・・・

クマノミ夫婦★クロ美&クロ夫は産卵床づくりをしていました。
写真は夫婦で卵を産む予定の場所をせっせと掃除中・・・
明日か明後日にでも今季5回目の産卵となるかな?

Recent Posts