漁礁の巨大混合魚群!!!

 In 海の生きものの話とか。

漁礁の巨大混合魚群!!!最高気温25度 最低気温18度
海水温23度~24度 透明度~30m
一湊タンク下~漁礁(ビーチ)
本日は夫婦で調査ダイブ。
しかし、例によって水中で即バディは解散(笑)
私は一人で漁礁まで~♪
久しぶりにビーチからの遠征デス。
なぜ漁礁かって?
それは6/1に観た漁礁の魚群が気になって気になって
夜も眠れなかったので・・・(*^^*)
誰もいない漁礁。
砂地の中に忽然とコンクリート枠が姿を現し・・・って
そこには透明な小魚たちのもんのすごい大群が多すぎてコンクリ枠が見えない・・・
写真は上から漁礁を見下ろした図。白っぽいのは全部サカナ。

あ~前回は遠目で見ただけだったので、
スカシと前回のログに書いてしまいましたが(言い訳)、
訂正します。それは『クロホシイシモチ』の巨大幼魚群でした。
大人になるとスケルトンではなくなるけど、幼魚の体は透き通っているんだね。
体長は4cm位。

一体何匹いるのかな~??何百匹?それとも何万匹?
魚群の中にいるであろう魚たちが全く見えませ~ん(汗)
これが口内保育から孵化したベイビーたちかと思うとすんごいな~
この圧倒的数と、孵化後の浮遊距離&ゼロ戦における
同種のペアリング状況を考慮すると
やはりゼロ戦でハッチアウトした幼魚がとりあえず漁礁へ着いたのかなぁ??

同種の成魚ペアもおりましたよ。(上の写真)
お腹が卵で膨らんだメス(写真上)はオス(写真下)の周りをクルクルと回り、
なんだかソウワソワしています・・・
これはもしや産卵直前の行動かな!?
『貴方!私、そろそろ産むから、お口の用意お願いね・・』
と、メスはおっしゃっております、きっと(*^^*)
産卵からオスが卵をくわえるまでの行動を
本気でず~っと観て見たかったけど、水深が深すぎます・・(泣)

この群れの上を覆うようにキビナゴの若魚魚群が・・
(上の黒っぽい魚群がキビナゴ。下の白っぽい魚群がクロホシイシモチ)
2層になったこの魚群ををあ~でもない、こ~でもないと
一人シャッターを切り続けていると・・

突然、ファインダーにムレハタタテダイの大群が飛び込んできました!
ひゃ~♪♪
嬉々としてそちらにカメラを向けると・・・

今度はムレハタの上層にツムブリの大群が~!

キビナゴ玉(上の写真)を狙って四方八方からピュンピュン突っ込んできますっ
あ~!!!どこを狙っていいかわからな~いっっ!!
これは勿論、歓喜の悲鳴デス(*^^*)♪
ツバメウオやニシキフウライウオもいらっしゃったけど、
本日はそれどころではありません(笑)
今、ゼロ戦より熱い漁礁は魚群好きにはたまりませんよ~★


追記の海ログ
①タンク下のクマノミ夫婦★クロ美&クロ夫が今季4回目の産卵です。
同業者Hさんによると産卵日は昨日6/6だそうで、
オレンジ色のピカピカな卵が前回同様の産卵床にびっしり産み付けてありました。
クロ美はせっせとプランクトンを捕食中・・
あと2~3回は産卵するのかなぁ?大変なパワーじゃ!
クロ夫も食事と卵守りを交互にこなして体力回復中でした。


②先日ログでご紹介した『トゲだらけのクマノミ夫婦』のトゲは
今日確認したら綺麗に取れていましたよ~。ほっと一安心。
『水中エステサロン(クリーニングステーション)』に行ったのかなぁ??

Recent Posts