屋久島のコウワンテグリ若魚

 In 海の生きものの話とか。

屋久島のコウワンテグリ若魚最高気温24.5度 最低気温21度
海水温23度 透明度~20m
一湊元浦&一湊タンク下
曇り。
雨は夜半にパラパラのみ。
まとまった雨はまだ降らず、
梅雨入りしそうで、まだみたい・・
タンク下のエントリー口直下、水深3mにて。
随分と真ん丸に太った『コウワンテグリ』(体長約2cm)を発見。

とがった口と釣り上がった風な目が私のハートをドキュン★
ぐぐ~っと顔を近づけて、その動きをストーカー。
泳ぐのではなく、水底を這うような感じ。
一歩動くごとに海底にある何かを召し上がっていらっしゃいます。
浅場で暮らすコウワンテグリは幼魚の時は体が真っ白です。
写真の子も大きさ的には幼魚なんだけど、
その体色は成魚のもの・・・う~ん・・
ということは間をとって「若魚」という段階ですかね?
早く大人になりたかったのかな~?(*^^*)
あともう少し経つと彼らの「ラブラブ水中飛行(求愛のダンス~産卵)」が観られマス♪
雌雄寄り添い、水面へ向けて上昇する姿はなんともいえませんよ~☆


本日ひろみガイドのリフレッシュダイビングにご参加は
山口県からお越しのMさんとマンツーマン★
潮の引いた元浦にて、器材のセッティングから水慣れまでを
時間をかけて行いました。
自宅の目の前が海。そしてなんと漁師さんの娘というMさんは
初めて乗った乗り物がなんと『漁船』!!
素もぐりも幼い頃からされていて、水中での泳ぎはベテランさんでした~
リフレッシュの必要なかったかも・・・(笑)
水深5m以浅の浅場にこんなに魚がいるなんて~
と驚いていらっしゃいました。
また、カマスの群れを見ると、まず美味しそうと思いました!とMさん。
うんうん。そこ、とても大事ですよね~(*^^*)♪
日本人はもっと魚を食べましょう!と私は声を大にして叫びたいっ
明日は引き続きMさんとボートダイビングです。
楽しみ楽しみ~♪

Recent Posts