志戸子コブシメ産卵続く・・

 In 海の生きものの話とか。

志戸子コブシメ産卵続く・・最高気温25度 
海水温24度 透明度~50m!
一湊元浦&志戸子ガジュマル園前
風がない。
屋久島北部の海はどこもべた凪。水面は鏡の様でさざ波一つ無し・・
天気は曇りだけど、ダイビングとしてはベストコンディション。
しかも透明度も最高で、抜けるような青がとても気持ちイイ~♪

志戸子のコブシメ産卵床にはオス6匹、メス2匹の計8匹が集結。
コブシメ産卵はそろそろ終盤みたいだけど、まだ少しだらだらと続きそうな感じ。
警戒心が強く、全然寄れない志戸子コブシメたちですが
今日は目の前で交接~産卵までの一通りを観察することができました。
卵はウスサザナミサンゴ大群落の山頂部に少々のみ。
4月中旬に産んだ下部の卵は全てハッチアウト済みです。
★写真は産卵した瞬間のメス。
腕がだら~んとなっているのは、産む瞬間にググ~っと込めていた力が
一気に抜けたから・・・なんじゃないかなぁ。


本日ひろみガイドのファンダイビング2ビーチにご参加は
広島からお越しのKさんとマンツーマン★
海外でダイビングライセンスを取得後、全く潜ってないとのことでしたので
今日はリフレッシュダイビングのように、
陸上で器材の扱い方やシグナルサインなどをおさらいしてから
浅場の元浦でのんびりダイビング。
浅いし、透明度も素晴らしい為、ついついまったりして
ダイブタイムは60分。
2本目の志戸子でも盛りだくさんの生きものたちに夢中になって
ダイブタイムは70分(*^^*)
「人生初のロングダイブですよ~浅場ダイビング最高~♪」と、Kさん。
無限圧潜水可能な浅場ダイブは
サンゴも魚もたくさんで本当にゆったり過ごせますね~
屋久島滞在中の計画をあえて立てず、
その時、思いついたことをやってみようというスタンスのKさん。
「山小屋1泊登山やめて、ダイビングもう1日やろうかな~」と、
久しぶりのダイビングにて、海の世界にすっかり目覚めてしまったようデス★
このままめくるめく水面下の世界にどっぷりとはまってゆきましょう~(*^^*)♪
byひろみ。

Recent Posts