屋久島ブルー!!&タコの愛。

 In 海の生きものの話とか。

屋久島ブルー!!&タコの愛。最高気温25度 海水温24度
屋久島西部オツセ
屋久島西部観音
透明度50m~
素晴らしい晴天。
海は風が全く無く、水面は鏡のよう。
そしてまた1度上がった海水温に
すんばらしい透明度!
光り輝く『屋久島ブルー』の海で
本日はボートダイブです♪
船上からはアオウミガメを何度も目撃。
屋久島はさすがカメ天国ですね~
1本目は西部オツセへ。
浅場から深場まで巨大な花崗岩がゴロゴロと重なり斜面を形成している
西部ならではの豪快な水中景観は圧巻です。
岩盤上には多種多様な被覆状サンゴたちで彩られ、
キンギョハナダイやハナゴイ、スミレナガハナダイなどが
ドワ~っと群れ泳ぐ魚影の濃さ、その華やかさは口永良部島のようです。
外洋であるが故、潮流の影響も多分に受け、
中層に視線を向ければイソマグロがこちらを凝視しながら通り過ぎ、
今時期ならではのアカウミガメも悠々と泳ぎ去り・・と、
どこを見ても生きものがいっぱいで気が抜けませんっ♪
このポイントは一湊とは違う面白さがたくさん詰まっています。
固定ブイも設置する予定ですので、
これからもっともっと潜り込んでみたいなぁ~

エキジット間際、タコの交接を目撃!
オスが長い腕を1本、メスに向かって伸ばし、
精子の詰まった小さなカプセルをメスに受け渡していました。
この作業はじっくりと時間をかけて行われるんですね。
その密やかな愛の営みを初めてデバガメさせて頂きました(*^^*)♪
観音では海底をびっしりと覆うリュウモンサンゴなどの葉状サンゴ群落に
着底する場所を探すのが難しい程・・
アマミスズメの幼魚はいたるところにウジャウジャおり、
あまりありがたみがナイ感じに・・(笑)
美しいからイイけど。
水深25m付近は地形が単調なのですが、
水深10m付近の浅場は水路が迷路のように走っており、
中々楽しそうですよ。


本日のひろみガイドのファンダイビング2ボートにご参加は
昨日に引き続きSさんとマンツーマン★
黒潮洗う西部の『屋久島ブルー』な海にどっぷり浸かった2ボートダイブでした♪
海水温もまた1度上がり24度。
あったかい~
寒さも全く感じず、超冷え性な私には幸せな温度でした(笑)
昨日、回遊魚やウミガメにも会ってみたい
とおっしゃっていたSさん。
見事に全ての願いが叶いましたネ。
心配していた天気も全く問題なく、
初夏の日差しにキラキラ輝く青い海で
ダイビングライフを存分に楽しんで頂けたのではないでしょうか?
サンゴもサカナもエビもカニもカメも・・・と
盛りだくさんな屋久島の海に
『なんでも揃っているんですね!』
とSさん。
また、西部ならではの露出した花崗岩がゴロゴロしている水中景観に
びっくりなさっているようでした。
屋久島の山を縦走されているSさんは
山頂部の花崗岩地帯もご覧になっているからこそ、
水面下の花崗岩、その上に森ではなくサンゴの森が広がっている景観、
その対比が面白かったのではないでしょうか?
また、ぜひ『屋久島ブルー』の海で一緒に潜りましょう!
再びお会いできる日を楽しみにお待ちしておりますネ★

Recent Posts