西部の森から海へ。

 In 「まる」の屋久島歳時記

西部の森から海へ。最高気温19.3度 最低気温11.9度
本日はYOCA(屋久島生物多様性保全協議会)主催で来月開催予定の
「世界遺産de海辺のおそうじ」の下見で
世界遺産区域の真髄★西部へ。
屋久島が世界に誇る照葉樹林の森を通り抜け海まで下ります。
去年の夏頃は海辺に漂着物の山があったので
今回も風と波に煽られ、
さぞたくさんのゴミが打ち上げられているだろうと思っていたら・・・
な、なんとゴミがないっ!
写真は美しい半山の海辺を呆然と眺める主催者一同。
(水平線に浮かぶ島影は口永良部島)

ゴミがないことは大変喜ばしいけれど、
今回はゴミ拾いの催しなので・・・・
なぜこの時期は漂着物が少ないんでしょう???
台風並みの大時化となる冬場の北西風はゴミを運ばないのか?
それとも波が高すぎる為、漂着したゴミが洗い流されてしまうのか?
季節を変えて定点観測を続けたら
その変動、謎が見えてくるかもしれないね~
と、下がり行くテンションを皆でなだめつつ、次の海辺へ。

半山の隣の海辺、川原には吹き溜まりなどに
ペットボトルや漁具であるプラスチックの浮きや
発砲スチロールの浮きなどがわずかに漂着。
ゴミだらけという訳ではなかったけれど
モノがある事実を確認し、一同一安心(苦笑)。
下見しといて良かった~(汗)

当日はJEAN(JapanEnvironmentalActionNetwork)の
漂着物データシートを使って
参加者の皆さんと「海辺のカルテ」を作成予定。
世界遺産屋久島の「海辺の健康診断」を
漂着物の視点からみんなで考えていきたいと思います。

Recent Posts
Showing 2 comments
  • ようへい
    返信

    ゴミないんですかっ!?
    いやいや、喜ばしいことなのですが・・・。笑

    健二さん作成のポスターを見て、
    8日に参加しようかと思っていたところです◎

    発砲スチロールの浮きの大きいのがあれば貰って帰りたかったのですが・・・。

  • ひろみ
    返信

    ようへい君
    ゴミありますよ~
    ちょっとだけど・・
    60cm級発砲スチロール浮きありますよ!
    あげマス!(笑)
    8日より1日参加の方が
    ゲットできる確立高しデス。
    西部は道がついてないから
    こんな機会がないと歩けませんよ!
    ぜひ一緒に行きましょう~★