七瀬はサンゴの桃源郷・・・

 In サンゴ礁保全調査活動

七瀬はサンゴの桃源郷・・・最高気温15度 海水温24度 透明度30m
中間(サンゴ調査)
七瀬(サンゴ調査)
栗生(サンゴ調査)
環境省モニタリングサイト1000サンゴ礁調査で
永田より船を走らせ、西部回りで島の南部へ。
中間や七瀬は潮が早く、通常のツアーではまず入ることのないポイント。
1本目は激流の中間へ。
潮が早すぎて根から身動きがとれない・・・
中間は毎年違う場所にエントリーしている。
GPがあっても意味がない。
これではモニタリングにならないな~
2本目も激流が予想される七瀬へ。
しかし水中はほとんど流れておらずラッキー。
この瀬は集落からかなり離れた場所にあり、
また常に潮流が早い為、
直接的な人間の影響を受けにくい場所。
棚上の卓上サンゴは何段も重なり合い、
その景観はまるで慶良間か八重干瀬か!?って程。
(まぁ、ミドリイシが優占の一辺倒なサンゴ群落では
沖縄のような厚みのある生態系は作れないんだけどね・・)



そのサンゴ覆度は80%以上。
岩盤はほとんどサンゴで覆われ岩肌が見えない。
白化や食害も観られず、健康状態も良さそうだ。
未来の自然環境を決して楽観視できない私にとって
このような水中景観を目にすると心躍るとともに
とてもやるせない気持ちになる・・
3本目は栗生へ。
七瀬などに比べると栗生の枝状サンゴはほとんどが死んでしまったのだと
はっきりわかる。
元気なミドリイシは水際のごく一部だけだ。
潮にもよるのだが、当日は魚影も薄く、なんだかガラ~ンとした感じ。
七瀬では嬉々として写真をとりまくったのだが
栗生では1枚もシャッターを押さなかった・・
う~ん。
冬はネガティブになる私。
よろしくないですな。

Recent Posts