種子島から馬毛島へ!

 In サンゴ礁保全調査活動

種子島から馬毛島へ!最高気温12,6度 最低気温9,3度 
海水温24度 透明度25m~
馬毛島
環境省モニタリングサイト1000サンゴ礁調査で
11/17~18の1泊2日で馬毛島へ行ってきました。
当日はかなり強い北西の風が吹き荒れ海は大時化・・
しかしマゲまで辿り着けばなんとか風陰になるということで強行。
往復の船はまるで空飛ぶ絨毯!
大波に乗りバウンドしながらの航海となりました~

サンゴの上はソラスズメがドバァ~と群れておりました。
続きは下をクリックして下さいネ★


マゲはサンゴ礁の島。
丁度種子島~馬毛島あたりの緯度が
サンゴ礁の北限といわれております。
ちなみに屋久島に現存するサンゴ礁はありません。
サンゴはたくさんあるけれど・・
『サンゴ礁』とは地質用語。
サンゴの死骸が積もり積もって出来上がった地質のことを言いマス。
生きているサンゴを言うときは『サンゴ』とか『サンゴ群落』と言うのですね。
マゲの枝サンゴは98年の世界的サンゴ白化現象で大部分が死滅してしまいました。
でも、南の海から供給されるサンゴの幼生が
死んだサンゴの上に定着し、なんとか大きくなっております。
下の写真は死んで崩れたサンゴの上に
新しいサンゴの赤ちゃんが定着したところ。(写真中央)
これで1歳位でしょうか。
奥に少し成長した枝サンゴがおりますね。
これは2~3歳位かな。
右奥は死んだサンゴの上に海藻が付着しております。

ただ圧倒的に優占しているのが単一種類なので
魚種はあまり多くないですね。
枝サンゴを食べる巻貝はかなりの数おりました。
ナガウニやクロナマコ、カシパンなど
私の大好きな棘皮動物もたくさんおりましたけど・・
マゲの他、予定しているポイントが二つあったのですが
大時化の為、残念ながら後日延期となりました。
それにしても寒い!!!!
今まで最高気温が23度位だったのに
18日は13度!
一気に10度低下って・・・
屋久島へ帰島したら恐ろしいほどの冷たい北風がゴォゴォと唸り
冷たい雨はヒョウかアラレに変わりそうな程。
山間部では雪がぱらついているのでは??
この寒波、来るの早すぎです。
心の準備と家の暖房準備が追いつかず、
現在家の中なのに、吐く息が白い~!
コタツとストーブを出さねば死んでしまう・・(号泣)

Recent Posts