ゼロ戦貸切!

 In ダイビングツアー風景

ゼロ戦貸切!最高気温23度 海水温25度 透明度~25m
一湊タンク下(ファンダイビング2ボート)
一湊漁礁&ゼロ戦(ファンダイビング2ボート)
地上は寒い・・
でも雲間からお日様が覗くと暖かい。
海水温が約2度下がりました(泣)
風向きも冷たい北西の風が吹く日が多くなりました。
秋もそろそろ終盤ですねぇ

写真は『ニシキフウライウオ』。
タツノオトシゴの遠い親戚です。
体長3cm程。
ゼロ戦には現在2匹のニシキフウライウオがおります。
どこから流れてきたのかな?
この広い海の中、しかもゼロ戦というピンポイントで
どうしてペアを作れるのだろうか?
もしや一緒に流れてきたのかな??
この若夫婦、冬の冷たい水温には耐えられないんだろうなぁ・・・


本日ひろみガイドのファンダイビング2ボートにご参加は
大阪からお越しのOさんと
私の恩師S先生との~んびり2ダイブ♪
Oさんはこの度、2回目の屋久島上陸。
山メインでいらしたので、当初海に潜る予定はなかったのに
宿で知り合った方などから
『ダイビング面白かったよ~』と多々聞き、
これは潜らねば・・と気持ちが動いたそうデス★
今回約4年ぶりのダイビングと伺ったのですが
経験本数はすでに100本。
さすが本数を重ねていらっしゃると
多少ブランクが空いても体は覚えているんですね~
水中では完璧な中性浮力でした!
S先生は私が10年前に通っていた専門学校の恩師。
今回、学生とともに上陸中だったところ、
先生のお休みの日を狙って私がお誘いしたのでした。
仕事が忙しすぎてダイビングは約3年ぶりとのこと。
でも、そこは長年インストラクターをされていた訳ですから。
水中ではまるでジュゴンのように
水とお戯れになっていらっしゃいました(笑)
先生と一緒に水に入ると
なんだか大きな大きな安心感に包まれるのでした★
タンク下の透明度はかなり悪かったのですが
漁礁やゼロ戦では透明度25m位と、まぁぼちぼちの青さ。
水面直下にはツバメウオが10数匹フワフワと漂い、
漁礁付近では何百匹というムレハタタテダイの群れが
私たち3人の周囲をつかず離れず舞ってくれました。
本日のゼロ戦は我々3人で貸切!!
夏場の異常な混雑ぶり・・・
3畳程しかないゼロ戦を20人位のダイバーで取り囲み
写真を撮りまくる・・・なんて光景を思い起こせば
今日はなんて静かなのかしら。
魚の街にプレッシャーを与えることもなく
お互い心静かにそこで暮らす生き物たちの暮らしぶりを
そっと覗かせて頂きました。
今、ゼロ戦にはタテジマキンチャクダイとかサザナミヤッコなどの
キンチャクダイ系幼魚が少なくても10匹以上流れ着いてマス。
その体長わずか1cm位♪
思わず水中で低く唸る私たち(笑)
彼らがチョロチョロ動く様はホント可愛いすぎて、か~なり萌えマス★★
幼魚マニアにはたまりませんっ

Recent Posts