自ら手を伸ばすこと

 In ヒロミのつぶやき

自ら手を伸ばすこと最高気温25度 海水温27度 透明度18m~
一湊元浦(体験ダイビング・シュノーケリング実習)
寒い・・
日増しに気温が下がっていく。
空には厚い雲が覆い、日差しは望めず(泣)
風向きは北西に変わり、早くも冬の気配・・・

写真は学生たちのシュノーケリング実習風景。
このチャンスを手にした彼らは一体何を掴むのかな・・


本日、健二ガイドの体験ダイビングにご参加は
埼玉からお越しのNさんとマンツーマンツアー。
最終日の今日、急遽ダイビングすることを決めたNさん。
お昼の船に乗る前に水中探検となりました。
初めて覗く水面下の世界はいかがだったのでしょうか?
ひろみ講師のシュノーケリング実習。
2日目の今日は昨日とは一変、肌寒い中の実習となりました。
クラスごとに学生の雰囲気が変わるのも面白く、
昨日はヤンチャな子がたくさんいたのでとても賑やかだったのですが、
今日は大人しい子が大半で、しかも中々表情を変えないんですねぇ
中には生き物を手にしても、全く興味を示さない子も・・
ここは義務教育の場ではなく専門学校で、
自分でその学校を選び通っているんだったら
自らのアンテナを張り巡らせ、
自らの手を伸ばして、
そして何かを掴んでやろうという意思がなければ勿体無いよ~!!!
自分を上手く表現できず、
言われたことしかできず、
自分の頭で考え、
創造していくことができないなんて・・
コミュニケーションはもはや携帯を介さないととることが出来ない。
まるで機械のクローンのような人間づくり。
そんな次世代を作り続ける学校教育、家庭環境、社会が恐ろしい。
時代とともに子供自身が変わっているんじゃない。
子供はいつの時代も子供なんだ。
今、社会が子供たちに子供であることを許していないのだ。
世の中は一体どこへ向かっていくんだろうね・・?
追記
それでも、学生たちを水に浮かべると、
魚やサンゴを忙しそうに目で追っていたけどね(笑)
いつも眠そうに、けだるそうに生きてたら
そのうち気づかないうちに年をとり、体の自由が利かなくなって、
そのまま死んでしまうぞ。
もっと目をしっかり開いて、今を生きるのだっ!

Recent Posts