咬まれると死にマス(笑)

 In ヒロミのつぶやき

咬まれると死にマス(笑)最高気温25.6度 海水温27度 透明度30m~
一湊クレーン下(体験ダイビング)
午前中は秋晴れ!
お日様がサンサンと降り注ぎ、
水中も光り輝いておりました。
が、午後から天気が一変、
土砂降りとなりました~
今日のツアーが午前中でホント良かったデス・・(汗)
依然元浦は大時化ですが
矢筈を隔てた一湊湾内のうねりはだいぶとれまして
透明度も上々♪
抜群のコンディションの中、ほぼ貸切状態でのダイビングでした★

写真は海で暮らす、その名も「ウミヘビ」。
只今お昼寝中のご様子★
写真の子はコブラの仲間で、咬まれると死にマス。
でもダイバーが襲われたなんて聞いたことありません。
なぜなら、ウミヘビはとても大人しい性格で、
彼らの方から咬み付いてくるなんてありえないから。
もし、咬まれたらそれは自分のせい。
振り払ったり、捕まえて振り回したり・・
相手にプレッシャーをかければそりゃやられます。
当然ですよね~
大事なのはウミヘビを見てパニックにならないこと。
もし見かけたらそっと見守ってあげて下さいネ★


本日は夫婦で体験ダイビングのガイドどす★
ご参加は東京からお越しのYさんと
千葉からお越しのYさんのダブルYさんコンビ。
お二人とも初めての水中世界探訪を
最高のコンディションで体験することができました。
日頃の行いですね(笑)
橋げた付近ではキビナゴの群れに
メタリックな体が眩しいカンパチたちがアタック!
体長30cm程、丸々と太った体は脂が乗っていて
とても美味しそうでした~
それにしてもダイバーが少なくなると
クレーン下の魚影は濃いな~
エメラルドグリーンな体が美しい体長50cm位のナンヨウブダイなんか
我々が近づいても動じることはなく、
黙々と海藻を貪り食う様は威厳すら漂いマス。
魚が人間に追われ、逃げ惑う様を見るではなく、
堂々と日々の生活を送っている様を観ることができるっていいな。
海から上がると「ウミヘビ」の話をきっかけに
話題はキケンな生き物たちの話へ・・
「これにかまれると死ぬよ~」と嬉々として話す私。
それを聞き、顔がこわばる二人。
あ~楽しい♪(笑)
なんで学校でこんな話をしないのかな?
何が危険で、ではその危険に対してどのように対処すればよいのか?
それを教えることをせず、
ただ海は危ないから泳いではいけない・・
と、禁止禁止なんでも禁止・・
子供たちが体験し、学ぶ機会を奪うなど
大人たちの怠慢でしかないと私は思います。
教えるということは教える側もリスクを背負い、
それに対する責任が生じるのは当たり前だと思うのですが、
なぜ大人たちは責任の擦り合いをしているのでしょうか??
明日から2日間、また学生の実習です。
普段教室では教えてくれないことを
たくさん伝えられるといいな。
楽しみ楽しみ♪

Recent Posts