栗生は まだ夏!

 In ダイビングツアー風景

栗生は まだ夏!最高気温27度 海水温27度 透明度~50m
栗生2本(ファンダイビング2ビーチ)
風はやや強い北東。
これは栗生へ走るしかないでしょ!
という訳で久しぶりに島の南西部へ位置する栗生まで
約1時間のドライブ。
島の南はまだまだ日差しがきつく、
ハイビスカス(夏の花)と芙蓉(秋の花)が混在し、
季節が移行している真っ最中。
もうすっかり秋一色の一湊とは季節が少しずれている。
同じ島の中なのにね~

水中はキビナゴがまだまだ大きな群れを形成しており迫力ありマス!

水面にはキビナゴの群れを追うダツの群れ。

最干潮手前。
塚崎の方へ流れる潮がゆるやかに・・
この潮加減の際はダイビングにとってベストコンディション!
栗生らしいトロピカルな魚群を堪能致しました★


本日ひろみガイドのファンダイビングにご参加は
神奈川県鎌倉からお越しのNさんとマンツーマン。
Nさんはダイビングインストラクターの資格をお持ちでしたので
私もカメラを持って潜らせて頂きました~
久しぶりのカメラに嬉々としてシャッターを切りまくる私(笑)。
スミマセンNさん・・・(汗)
彼女はなんとナマコ好きだと判明!
体長3m級のオオイカリナマコの話をすると
身悶えして喜ぶNさん(笑)
しかも自らのガイド中にナマコを手にとり、
彼らのライフスタイルを紹介するのだそう!!
私と同じだ~♪
ナマコは見た目がアレなので、
ガイドの中にはお客さんと一緒に気持ち悪いですね~
などと海洋生物の一員としての扱いをされなかったりするのですが・・
Nさんのガイド話に思わず胸が熱くなる私なのでした。
さらに、ボネリムシなど一般ファンダイバーは勿論
普通のガイドだったら知りえない動物もご存知!
ぴんくのなまこという別名を持つ私としましては
やっと巡りあえた同類の方。しかもイントラ!!
いや~テンション上がりまくりデス(爆笑)
水中ではほぼ放置プレイ。
ご紹介した生物は岩礁域ならではのクリイロナマコとボネリムシくらい(笑)
帰りしなは尾之間温泉でじっくり汗出しデトックス♪
たまの南はいいねぇ・・
あ~
楽しかった~(笑)

Recent Posts
Showing 2 comments
  • kanae
    返信

    こんばんは。お世話になりました、Nです^^

    楽しかったです~^^
    美しかったです~^^

    南は凄いですね~。また行きたいっ!
    秋っぽく?クリイロナマコにもめぐり合えたし!!!

    ボネリムシ、いぢめてゴメンナサイ。
    ちなみにナマコ&ウミウシの他に、マニアックな所だとモモイロサルパ(繋がっているのをブチブチする)やワレカラ(安全停止中にニラメッコする)も好きです♪

    ひろみさんの楽しんでいる姿はメールしておきました!

    ランチにホバーリングしながら密を吸っていた子は『オオスカシバ』かしら???

  • ひろみ
    返信

    Nさん、コメント&メールありがとうございます!

    >ボネリムシ・・
    私はボネリムシがあの長~い吻で
    微小な有機物を探知し、
    それを穴の中に潜む口まで
    ベルトコンベヤーのように運ばれていく様を、
    べったり張り付いて見るのが好きデス★

    >モモイロサルパ&ワレカラ!!
    さすがNさん、マニアックですね~(笑)
    サルパの体内に食べたプランクトンが丸見えな様、
    好きデス♪
    ワレカラもあのカマキリみたいな風貌に萌えマス★
    あと、私はツツムシなどもそそりますねぇ、うふふ。

    >『オオスカシバ』!!
    おお~
    まさに、ですね。
    あの子はハチのようで、実は蛾の仲間なのですねぇ!
    ホバリングしながら独特な長い吻で
    器用に蜜を吸う様に釘付けでした。
    蜜を飲み込んだ後?その吻がクルンと丸まるのが
    まさに「チョウ」でした★

    いや~
    Nさんとはぜひ飲みながら
    マニアック話で語り合いたいデス(笑)
    また屋久島上陸される際には
    ぜひお声をかけて下さい!!