ツムブリで前が見えない!!!

 In ダイビングツアー風景

ツムブリで前が見えない!!!最高気温27度 海水温28度~27度 透明度30m~40m
一湊タンク下(ファンダイビング2ボート)
昨日は大時化だった一湊湾内。
本日は風が変わり、波が落ち着いてきた。
水温も28度。気温が低い為、余計に水が温かく感じる。

写真はツムブリ。
世界中の熱帯から温帯にかけての暖かい海に広く分布するアジ科の魚。
日本近海では沖縄や小笠原周辺の海に多く生息しているようですが、
詳しい生態は分かっていないそう。
成魚は体長1メートル以上になるそうな。
そのきらびやかでスマートな姿形から、英語名はレインボーランナー(虹色の走者)★
屋久島のツムブリはキビナゴが大好物。
弱肉強食。
集団でキビナゴを取り囲み、
一斉に襲う『捕食シーン』は壮絶どす。


本日ひろみガイドのファンダイビング2ボートは
岡山からお越しのKさんとマンツーマン♪
kさんは先月ライセンスを取得したそうなのですが
その理由がスゴイ。
去年屋久島へいらした際、
以前私が勤めていたYNACにて体験ダイビングに参加したのですが
台風接近で海況が悪く、午前中のシュノーケリングのみで
午後の体験ダイビングができなかったそう・・
しかし、同じポイントで私ガイドのファンダイビングは催行されていたのを見て、
『ライセンスがあれば潜れたのに!』と涙を呑んだそうです。
その時の悔しさをバネにライセンス取得へとあいなったのでした!
今日も台風接近の為、大きなうねりは入っておりましたが
ファンダイビングなら問題なし。
手にしたライセンスを大いに活用できたのでした~★
水中は薄暗いものの、素晴らしい透明度。
そして、浅場は例によりキビナゴたちが大乱舞。
そこへ体長60cm位の丸々と太ったツムブリが
まるで川のように次から次へキビナゴ目がけて突っ込んでいく。
そのツムブリ大群が途切れないのだ!!
群れの最後尾が見えない程、もんのすごい大群。
その数、何百匹じゃきかないかも・・もう何万引き!?
それがグルグルと私たちを取り囲み
タイトル通り『ツムブリで前が見えない!!』
こんな総数の回遊魚に長時間巻かれたのは何年ぶりかしら?
テンションがMAXに達した私は水中でずっと絶叫しておりました(笑)
そんなツムブリたちに混じった『アオヤガラの編隊』もすごかったなぁ
キビナゴの大群を巧みな戦略で分裂させ、
小さな群れにしたところで周囲を取り囲み、食べつくす。
手を伸ばせば届きそうな場所で
そんな凄まじい生と死のドラマを目に焼き付けたのでした。
わたくし今夜は興奮して眠れそうにありません(笑)
それにしてもこんなダイビングを
初ボートにて体験してしまったKさんは強運の持ち主だ~!
ダイビングライセンス持ってて良かったですネ★

Recent Posts
Showing 2 comments
  • mikisuke
    返信

    先日はお世話になりました。
    岡山の「台風を呼ぶ女」Kです(笑)。

    台風13号の直撃で予定を変更したにもかかわらず今度は15号を連れて行ってしまい、たった1日の屋久島滞在でしたが素晴らしい海中世界を堪能させていただきました!!
    キラキラ輝くキビナゴのシャワーやツムブリの大群、エステ中のタテジマキンチャクダイ、産卵中のスズメダイ等々、賑やかな「さかなの街」をゆっくり覗くことができ、感動でした。特にキビナゴを追うツムブリ、ヤガラの群れ、圧巻でしたね~!!!

    屋久島がきっかけとなり手にした「海のパスポート」、念願の屋久島でたくさんの感動をもらい、また夢が膨らみました。これからたくさんの海を覗いてみたいと思います。
    とりあえず、次に屋久島に行くときには台風を連れて行かないようにしないと…(苦笑)。

    本当に楽しい1日をありがとうございました。

  • ひろみ
    返信

    Kさんコメントありがとうございます★
    屋久島の『魚の街』を堪能して頂けたようでとても嬉しいデス。
    いやぁそれにしても本当に魚たちに囲まれたダイビングでしたねぇ~♪
    またぜひ屋久島へ上陸の際にはお声をかけて下さい。再び海の中でご一緒できる日を楽しみにお待ちしております!
    追伸 その際には台風は呼ばないように・・(笑)