立ち止まることの勧め。

 In ダイビングツアー風景

立ち止まることの勧め。気温30度 海水温29度 透明度20m 大潮
一湊元浦
今日も残暑が厳しい。
まだまだ夏らしい気候が続くようですね。
日本の東海上で台風発生。
なんという高緯度でのご誕生・・
本州の皆様、お気をつけて!

写真は海のタケノコ・・・
その名もタケノコガイ。
砂の中を移動中のところ発見!
潜望鏡のように目だけチョコンと砂の上に出し、
まるで潜水艦のように進んでゆきます。
たいがいは砂の上にその『軌跡』がついているので
姿は見えずともいらっしゃることはわかっちゃうんだな~★


本日は急遽昨日の夕方、ダイビングを決意なさったDさんと
マンツーマンにて1日体験ダイビング2ダイブ!
Dさんは福岡出張中に屋久島行きを決定し、
2泊3日で山へは行かず、海だけ堪能~
人とは違う斬新な楽しみ方、素敵デス。
ダイビングは今回が初めてとのことでしたが
シュノーケリングは世界中の海でされているそうで
水中ではとても落ち着いていらっしゃいました。
Dさんの観察眼は一つのものを立ち止まり、
『じっくり観る』というもの。
観たい生き物にできるだけそっと顔を近づけ、
じっと動かず、じ~~~っと観る。
見るじゃなくて観る。
ただ通り過ぎるだけでは発見できない何か。
立ち止まることで浮かび上がる真実。
これはフィッシュウオッチング(海洋生物を観察する)の極意どす~!
Dさんは初めてのダイビングにして
誰に教わるでもなく自らでフィッシュウオッチャーの道を切り開いていらっしゃいました。
すんばらしい~
追記
例のタツノオトシゴbabyは依然波打ち際に潜伏中。
でも何せ人間の出入りが激しいその環境は
彼にとって脅威だろうなぁ・・
その顔はなんだか疲労の色が伺えました。
発見したらそっと見てあげてネ。

Recent Posts