外洋の海へ!

 In ダイビングツアー風景

外洋の海へ!気温30度 海水温29度 透明度50m(横瀬)、20m(タンク下) 中潮
一湊横瀬(ファンダイビングボート)
一湊タンク下(ファンダイビングボート)
志戸子(シーカヤックdeシュノーケリング)
クレーン下の沖(シーカヤックdeシュノーケリング)
今日は朝から蒸し暑く、残暑が厳しい1日でした。
島北部、一湊の海は無風。
まるで湖のような波のない水面。
海遊びには最高のコンディションデス♪

写真の魚は屋久島では極稀に見かける『ナンヨウハギ』。
横瀬の浅場-10m位の場所で確認しました。
個体数がとても少ない為、屋久島ではおそらく繁殖はしてないんだろうな。
ディズニー映画『ファインティング・ニモ』で
主人公ニモのお父さんマーリンの相棒役を務めたのがこの魚でした。
沖縄ではポピュラーですので、より暖かい海がお好みなんでしょうね。


今日は
ひろみガイドでSさんとマンツーマンにてファンダイビング2ボート。
けんじガイドでIさんとマンツーマンにてシーカヤックdeシュノーケリング。
Sさんはオーストラリアやメキシコ、沖縄を潜ったことがあるアクティブダイバー。
久しぶりのダイビングとなった本日は、初め少々緊張気味のようでしたが
後半は随分と力が抜けて、のんびり合計120分超ダイブ(笑)
ファンは1本目、乗り合いの同業者の強いリクエストで横瀬へ。
ここは矢筈岬の先端部。
内湾ではなく外洋区分に入るので潮流の影響を色濃く受けています。
地形も山あり谷ありの独特な景観です。
根のトップにはキンギョハナダイやコガシラベラが巨大なハーレムを形成。
外洋を好むニザダイや潮流を好むアカモンガラなどの生き物たちで溢れ、
常に『ここは流れるぞ~』と意識させられます。
広島からお越しのIさん。
初めてのシーカヤックdeシュノーケリング。
水面から眺める屋久島の山並み。
そして水面から見下ろす水中世界はいかがでしたか?
最近、我々が住んでいる志戸子のお隣・津森が面白いらしい・・
大量のヘキ、大型のカエルアンコウ。
柔らかいサンゴから硬いサンゴへと生物層の移行が現在進行形で動いている・・
山より流失し、降り積もった土砂の加減も見届けたい。
ビーチエントリーは大変な場所なので
ぜひ、シーカヤックもしくはボートダイビングにて覗きに行きたいなぁ~

Recent Posts