体長30cmになるタツノオトシゴ!

 In 海の生きものの話とか。

体長30cmになるタツノオトシゴ!気温32度 海水温28度 透明度20m~
一湊元浦
本日も暑い・・
雲はあるけど、雨が降らない・・
大地が乾いてマス。
雨の神様よ~お湿りプリーズ!

今日は兵庫県から一人で屋久島へやってきた
16歳の少女と体験ダイビング。


美術専攻の彼女はとにかく観察力がすごい。
普通だったらただの風景にしかなりえないものでも
その事象をジ~~~っと観察。
ダイビング中も下ばかりでなく、
上も右も左も・・と視野を広く持つと
色々なものが目に入ってくるよ。
と事前に説明したら、
彼女は水中で常に上半身をローリング!(笑)
360度全てを見落としたくない!って熱が伝わってきました。
好奇心のアンテナがピンと立っている人間ってのは
本当にキラキラ輝いてマス。
今日は浅場(水深30cm)にタツノオトシゴの赤ちゃんが
茶色いロープを隠れ蓑にして潜んでおりました。
どこで生まれてどの位の時間をかけて
屋久島までやってきたんだろうね?
ちなみにこの子は成長すると、なんと体長30cm!にもなる
大型のタツノオトシゴなんですよ~
昨日は真っ黒なカエルアンコウが岩の下でじ~っとしてたし、
この季節、珍客が多い波打ち際。
だから入水する時はできるだけそ~っとネ★

Recent Posts