青の世界でドリフトダイブ!

 In ダイビングツアー風景

青の世界でドリフトダイブ!気温32度、海水温27-28度、透明度30-40mオーバー!
今日も、猛暑。
朝から照りつける太陽が痛い・・
連休中盤の今日、一湊元浦や海水浴場は
それはそれは大変な賑わいだったようだけど、
私たちがこれから潜る志戸子はだ~れもいない。
べた凪な上に透明度40mの水中を貸切デス!
どこまでも青いグランブルーの世界で
本日は北九州市からお越しのベテランダイバーNさんと
マンツーマン★ドリフトボートダイブ♪

上の写真は植物?動物?
正解は続きをどうぞ~


写真の正解は『動物』でした!
たくさんある触手は決して絡まることはなく、
ペタペタするその手で付着生物を絡めとり、お召し上がりになっておりました。
1本目はガジュマル園前ウスサザナミサンゴ大群落。
この頃、このポイントへ潜るダイバーが減った為
魚影が濃いこと、この上なし。
人間の与えるプレッシャーは想像よりずっと大きいのだろうな。
水深20m付近の砂地でゴマモンガラの母ちゃんが我々を威嚇!!
もしや産卵期なのか!?
ゴマちゃんの歯はウニや貝をバリバリ食らう程、強靭なもの。
もしも襲われたら大惨事どす・・・
母は強し!
2本目はつめんこ沖。
エントリー直後、水底に黒くて大きな影が!
おっウミガメ・・と思ったら、マダラトビエイでした。
美しいお姿だなぁと見惚れていたら
足元には青緑の甲羅が輝くアオウミガメの子供。
マダラトビエイとウミガメのコラボ?
なんだか不思議なシチュエーションでした。
つめんこはアカモンガラがとにかく一杯いる~
その他、ウミウチワやムチヤギなど潮が早いのウエルカム!な方々が集結。
もしも流れたら・・・その時は流されるしかありませんね。お~怖(笑)
浮上前、直径3mはあろうか巨大なテーブルサンゴが岩と化した場所で
アジアコショウダイの大群に囲まれました。
しかも、その幼魚から成魚まで勢ぞろい。
入れ替わり立ち代り、我々をジロジロ観察してゆくのでした。
なわばりにお邪魔してごめんね。

Recent Posts