回遊魚だってエステに行きたい!

 In 海の生きものの話とか。

回遊魚だってエステに行きたい!水温22度
今日はマンツーマンのファンダイビングツアー。
天気は昨日とはうってかわり朝から快晴♪
本日参加のBさんは鹿児島の指宿から。
帰りの船の関係で、
少々早いスタートとなりました。
それが幸いしたのか、
海にはダイバーは誰もおらず、
今日もやっぱり水中を貸切~とあいなりました!
ポイントは午前午後ともにタンク下へ。
透明度は中々良いのだけれど、
水底付近はとにかくアミのものすごい大群が・・
それはまるでモヤのよう。
でも、アミとご馳走にしている生き物にとっては
最高のコンディションデス。
午前中は日本最大規模のオオハナガタサンゴ大群落を中心に
サンゴの生態やその周辺で暮らす住人たちを
のんびり観察していきました。
お昼は久しぶりに滝を眺めながらの手作りランチ。
おなか一杯になったら川のほとりの芝生に
ゴザ敷いてお昼寝~
BGMは水音とヤクザルたちのおしゃべり。
午後は写真をじっくり撮ろうと
砂地の中の小さなオアシス『魚の街』へ☆
そこで大変なものを目撃しちゃいました~


それはエステ中の回遊魚の姿!!
体長1m以上ある美味しそうなヒレナガカンパチが1匹、
魚の街のエスティシャンに
体や口の中を『クリーニング』してもらっておりました。
回遊魚は泳ぎ続けていないと
呼吸もままならないし、
ヒレの構造上、その場に留まるホバリングが苦手です。
さらに彼らのライフスタイルは潮通しの良い場所を
泳ぎ回るというものなので、
岩礁域などに店を構えるエステサロンには
中々通えないのが実情のようです。
噂には聞いておりましたが
この目で見たのは高橋も生まれて初めて!
思わず水中で叫んでおりました~
気持ちよさそうなカンパチを邪魔しないように
遠巻きに観察していたら、
ふと足元にもエステ中の生き物が・・・
なんとエイの仲間のヤッコエイも
この小さなオアシスで癒しの一時を堪能されておりました。
しかも翼のようなヒレの先端を内側に丸め、少し立っているので~す。
『背中もおなかもキレイにしてね!』
というサインなのかしら??
心なしかその目はとろ~んとしておりました。
人間も生きていれば体が汚れてしまうように
水中生活だって同じこと。
怪我した所に寄生虫がついちゃったり、
汚れがついたり色々あるんです。
そしたら衛生上、やっぱりキレイになりたいよねぇ
ちなみにこの小さな『魚の街』には
エステサロンが2店舗あり、
どちらも夫婦で営業中デス♪
byヒロミ。

Recent Posts