サンゴがつくる「海の森」を未来に引き継ぐために・・

 In サンゴ礁保全調査活動

サンゴがつくる「海の森」を未来に引き継ぐために・・* 2008年は”国際サンゴ礁年”です http://www.iyor.jp/ *

いよいよ明日です!
内輪のイベントで終わらせるのではなく、
一部の人間しか集まらないイベントにするのではなく、
外へ向けて、
持続的に発信し続けるものとなるよう、
9日、鹿児島でキックオフできるといいなぁ
と思います。
言葉だけでなく、
悲観するだけでもなく、
自分たちに何ができるかを議論し、
そして一緒に行動を起こしましょう。
興味がある方はぜひ!
久しぶりに私も海をわたり鹿児島へ。
どんな出会いがあるのか楽しみにしています!


国際サンゴ礁年2008 鹿児島実行委員会
キック・オフ・ミーティングへのお誘い
 2008年は「国際さんご礁年2008」です。
国際的な取り組みですが、日本では、普及啓発活動や様々な関係者が
協力したサンゴ礁保全活動を推進するため、
環境省を中心に科学者、NGO、企業、市民が協力して活動を展開していくことになりました。
既に、全国的な取り組みの準備が開始されています。
 鹿児島県は、南九州沿岸、大隈諸島、トカラ列島、奄美群島と多くのサンゴ礁を持ち、
沖縄県に次ぎサンゴ礁を保有する県です。
鹿児島においても「国際さんご礁年2008」に向けた取り組みが
何かできないだろうかと考えています。
そのために「国際さんご礁年2008鹿児島実行委員会」を立ち上げ、
強力なネットワークを築き、
鹿児島のいろいろなところで草の根運動を展開していきたいと思います。
 まだ何も決まっていませんが、2008年に向けて立ち上がるべく、
とにかく集まって語ってみませんか?
下記、キック・オフ・ミーティングを開催しますのでお気軽にご参加してください。

日時 2007年3月9日(金) 午後7時から
場所 かごしま県民交流センター6F 生命と環境の学習館内「地球工房」
    鹿児島市山下町14-50(旧県庁跡地) TEL 099-221-6608(学習館)
★写真は「動くサンゴ!」
普通サンゴは自分の住みよい「動かない土地」で生活しているものなのですが
やっぱりどこにでも「普通」じゃない子っているんです(笑)
このサンゴはスイジガイという貝を自分の生活基盤に選んだのですねぇ
貝が動けばサンゴも動く。
まるでこなきじじい!?(笑)
でも、何が「普通」なのかなんてホントは誰にもわかんないよね。
だって、これが彼の「普通」のライフスタイルなんだもの。

Recent Posts