屋久島の木の芽流し。屋久島のヒロミの木。

 In 「まる」の屋久島歳時記

屋久島の木の芽流し。屋久島のヒロミの木。


連日晴天。
暖かい日が続くにゃあ~
と、思ったら昨晩、
突然の殴りつけるような激しい大雨。
暴風雨の音にびびりまくりのジョーは
天井裏へ逃走(笑)
さぁ今年もいよいよ木の芽流しが始まりました。
一雨ごとに木々が眠りから覚め、
柔らかくピカピカな新芽が次々と芽吹いていくのです。
新緑は一番暖かい海岸線より始まり、
以後、その標高をグングンとあげてゆきます。
その様子はまるで山の色が塗り変わっていくようで。
「木の芽流し」
で、
「山が動く」
のです。


夏は水面下しか見ていない私も
今の季節は陸を見上げてしまいます(笑)
刻々と変化するこのドラマチックな様に
もう目が釘付けさ~♪
さて、先日2月27日、
私の愛する「ケロミの木スダジイ1号」に異変が!
突然、頭の上がカラーリングされちゃったのです。
深い緑色の上に
淡い若草色が。
写真は翌28日。
新芽と蕾が同時に出現。
暖かく丈夫なコートの中で新芽と蕾がそっと寄り添い、
この木の芽流しをきっかけに
その姿をあらわします。
それから一雨ごとに
あちらでも
こちらでも
その「コート」を はらり と脱ぎ捨てて
そうして写真のような
新芽と蕾が姿を見せるのですよ♪
本日3月5日、まだ蕾は機会を窺っているようで・・
でも、風に乗ってほんのかすかに
あの生臭くて甘ったる~い香りがしたような・・
もしかしたら気の早い子がフライングしたのかな?
スダジイ1号一斉開花まであと少し!!
ちなみに家の裏山のスダジイ2号は
まだおねむ(笑)
28日は「コート」もまだでしたから。



おまけ写真は「サルのうんこ」(笑)
日当たりは抜群

眺めの良い場所
で 奴は用を足したのですね。
暗~くてせま~い箱の中で
密やかにことをなすのは
人間だけ どす!

Recent Posts