屋久島の若者たちへ

 In ヒロミのつぶやき

屋久島の若者たちへ本日は元浦で体験ダイビング。
海はベタ凪ぎ。
本当に久しぶりに透明度が上昇。
素晴らしいコンディションに
私のテンションも上昇。

お客様は3人。
東京で医師をされている男性と
生粋の屋久島生まれ屋久島育ちの
現役高校3年生らぶらぶカップルの
しんちゃんとまなちゃん。

突然ですが、私の夢のひとつには
島で育った子供たちが
我々ガイドという職業を見て
「カッコイイ!俺もいつかガイドになりたい」
そう思いを抱いてくれること・・
というものがあります。
今回は島の若者と時間を共有できる
貴重なチャンスでした。


まずは午前中はタンクを背負わず
スノーケリングで水面から水中を偵察。
どんな生き物がどんな暮らしをしているのか
じっくり拝見させて頂きましょう。
そして午後からはタンクを背負い、
一人ずつ海の中へ潜っていきます。
今度は水面からではなく
真正面から。
生き物たちと同じ視点で
「おじゃましま~す」
水面にはおびただしいプランクトンたち。
キラキラと青くきらめく小さなプランクトン。
スターウォーズに出てきそうな
なんじゃこりゃ系の透明でぶよぶよしたプランクトン。
1mmにもみたない体のくせに
チクチク刺してくるプランクトン。
そんな浮遊生物集団を掻き分け進むと
今度は目の前に色とりどりの魚の集団。
「生き物を見るコツって知ってる?」
「それはねぇ動かないこと」
「つまりいかに相手を脅かさないかってこと」
「相手に気ずかれないよう波音を立てず忍び寄るんだ」
すると、しんちゃんはさらりと言いました。
「知ってるよ。だって素潜りで魚突く時の極意だもん」
いいねぇいいねぇ
みんなでじ~~っと浮いていると
安心した魚たちが
自ら我々に近づいてきました。
「うわ~魚に見られてる・・・」
周囲は魚だらけです。
はたまた、予めブリ―フィングでお話していた
クマノミ村不倫騒動に新たな展開を目撃!!
ティティの不倫相手の若いオスに彼女ができてる!?
彼女の正体はいかに??
皆で顔を見合わせ首をかしげる。
「魚の世界も昼ドラみたいにドロドロなんだねぇ」
抜群の透明度の中、
元浦レギュラー陣全員集合!!
ってな感じで
海から上がると全員興奮で鼻息が荒く・・
「なんて賑やかな海なんだろうね」
プランクトンの乗った新たな潮が
湾内に入ってきたお陰で
海水が総入れ替え。
そうして長い間浮遊していた細かい泥の粒子が
やっとやっと消えたのでしょう。
けれど、これも次の雨が来るまでのことでしょう。
雨が降れば砕石場の土砂が海に流れだし、
水面は真茶色に染まるのです。
でもでも、島の若者たちに
自分の住んでる屋久島の海の一端を
最高のコンディションの中で見せることができたことを
海の神様に感謝します。
「竜宮城に行ってきたみたい」
とは しんちゃん。
「あれも見てこれも見て、あとあれとこれとあああ~!!」
とは まなちゃん。
「絶対ライセンスとります!」
と2人。
嬉しいなぁ。
海の扉を開いた皆さん。
さぁその向こうへ続く道を一緒に歩き出しましょうよ。
来年卒業し、新たな夢へ向け歩き出す島の若者たち。
彼らの口から故郷の情景が語られる時、
一体どんな言葉が紡ぎだされるのだろう?
そして何年かして里帰りした彼らの目には
一体どんな故郷がうつるのだろう?
より良い未来をと言いたいけれど
せめて現状をこれ以上悪化させない状態のまま
若者たちへ手渡したい・・
そのために今、私にできることは何だろう?
あなたはどう思いますか?
追記
写真①魚に見られてるってこんな感じ その1
写真②魚に見られてるってこんな感じ その2

Recent Posts