小春日和!堪らず海へ飛び込んで…。

小春日和!堪らず海へ飛び込んで…。窓を開けたら外は春でした。
気温20度越え。
小春日和。
居てもたっても居られず、ダイビングの準備をして一湊へ。
「うりゃ~!」
嬉々として一声上げれば、誰もいない海へ、ジャボーン!と飛び込む。
「ぬ、ぬるい………」
ダイコンを見ると海水温は22度!
春濁りを彷彿とさせるミルキィな世界には小さなプランクトンたちがふわふわと漂って。


ナガレハナサンゴの上にニセアカホシカクレエビ☆

潜る前より遠出をする。と決めていたので、
水面直下を沖へ。
目的地に辿りつくと、ムレハタタテダイの群れがお出迎えしてくれて。
ふと、何か大きな気配を感じ振り向けば、1mオーバーの回遊魚・ヒレナガカンパチと目が合う。
彼は時折ムレハタにクリーニングされながら、私の周りをぐるぐる周回。
彼の背中を追うように、私もその場でぐるぐるぐる~

少々深い海の底で一人。
馴染みの顏ぶれを順々に訪ね、そろそろ帰ろうかと踵を返せば、
水面直下よりツバメウオの大群が舞い降りてきて!
慌てて後を追おうとすると、あっという間に水面へ泳ぎ去ってしまい。
嬉しいサプライズににんまりしながら、帰途へつきました。


サンゴの窪みで眠るウミガメ。いつもの光景。

☆2017/1/29屋久島一湊タンク下(下りまっとき)
☆海水温22-23度、透明度12m

Recommended Posts